12月上旬中旬下旬の時候の挨拶と結びの例

Sponsored Link

12月の上旬・中旬・下旬の時候の挨拶や時候の結びを使うことで、上質な文章に仕上げられます。

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を現す言葉になります。

手紙の構成での一般的な決まりに気をつけることで、まとまりのある文章になります。

手紙の構成は、

・頭語・時候の挨拶・相手の健康を気づかう言葉

・本文・変わらぬおつきあいをお願いする言葉

・相手の健康や発展を祈る言葉・時候の結び

・日付け・宛名・差出人になります。

時候の挨拶は「頭語」の後に続く文章になります。

「時候の挨拶」に続けて「安否を尋ねる挨拶」を書くことで上質なスッキリ文章になります。

時候の結びの挨拶は、「主文」の後に続けて手紙を締めくくるための文章になります。

時候の結びの挨拶を書くことでスッキリと文章を結べます。

季節や天候に応じた心情や季節感のある言葉を使って上質な文章を書いてください。

季節の挨拶状には、年賀状・寒中見舞い・余寒見舞い・暑中見舞い・残暑見舞いなどがあります。

季節の挨拶状に、「時候の挨拶」と「安否を尋ねる挨拶」を書いてみませんか。

 

次に、12月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と時候の結びの紹介をします。

 

スポンサーリンク

12月上旬の時候の挨拶と結び

 

letter_december

 

 

12月上旬の時候の挨拶と時候の結びを紹介します。

12月上旬に使用できる季節の言葉は、「師走」・「初冬」・「大雪」などになります。

12月上旬の時候の挨拶は、「師走の候」・「初冬の候」・「大雪の候」などになります。

12月上旬の時候の結びは、「師走のみぎり」・「初冬のみぎり」・「大雪のみぎり」などになります。

12月上旬の時候の挨拶例は、「師走の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」になります。

 

12月中旬の時候の挨拶と結び

 

12月中旬の時候の挨拶と時候の結びを紹介します。

12月中旬に使用できる季節の言葉は、「大雪」・「霜寒」・「激寒」などになります。

12月中旬の時候の挨拶は、「大雪の候」・「霜寒の候」・「激寒の候」などになります。

12月中旬の時候の結びは、「大雪のみぎり」・「霜寒のみぎり」・「激寒のみぎり」などになります。

12月中旬の時候の挨拶例は、「大雪の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」になります。

 

12月下旬の時候の挨拶と結び

 

d8a13adc091b9dc78527761507aad636

 

 

12月下旬の時候の挨拶と時候の結びを紹介します。

12月下旬に使用できる季節の言葉は、「歳晩」・「忙月」・「冬至」などになります。

12月下旬の時候の挨拶は、「歳晩の候」・「忙月の候」・「冬至の候」などになります。

12月下旬の時候の結びは、「歳晩のみぎり」・「忙月のみぎり」・「冬至のみぎり」などになります。

12月下旬の時候の挨拶例は、「歳晩の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」になります。


PAGE TOP