問題、課題、対策の違い、使い分け方。ビジネスシーンでの文例

Sponsored Link

ビジネスシーンでは「問題」と「課題」と「対策」という用語が使われます。

「問題」・「課題」という用語は、ビジネスシーンでもよく使われています。

「問題」と「課題」を同じような意味として捉えている人も多いのではないでしょうか。

 

次に、「問題」のこと・「課題」のこと・「対策」について紹介します。

 

スポンサーリンク

問題

 

589-peoples-free

 

「問題」は現状と目標との差異になります。

「問題」とは解答を求める問いや試験などの問いになります。

試験で使われるケースでは、「物理の問題を解く」や「資格試験問題」・「入試問題」などがあります。

「問題」は、批判・論争・研究などの対象となる事柄でも使われます。

「介護離職問題」・「少子高齢化問題」・「貧困・低所得問題」・「生活保護問題」・「経済問題」・「環境汚染問題」・「食糧問題」などです。

「問題」は、困った事柄や厄介な事件でも使われます。

「新たな問題が発生した」などです。

世間が関心をよせているものも「問題」になります。

「問題の官僚」・「問題の議員」などです。

次に、「課題」と「対策」について紹介します。

 

課題

 

text_kadai2

 

「課題」は問題解決のための達成目標になります。

「問題」と「課題」の違いをわかるために「課題」の概要を紹介します。

「課題」は、解決しなければならない問題や果たすべき仕事になります。

「環境汚染対策は緊急課題である」・「防災は大きな課題である」などです。

与えられる題目や主題として、「設計の課題」・「研究の課題」・「論文の課題」・「課題資料」などのようにも使われます。

「問題」と「課題」は「解決」を求めていくことでは同じです。

「問題」は解決を求められる物事になり、「課題」はどのように解決に導いていくか目標を立てることになります。

次に、「対策」について紹介します。

 

対策

 

「問題」や「課題」を克服するための具体的な行動内容が「対策」になります。

一般的に物事が順調に進むことは非常に少ないのが現実です。

物事を進めているときには必ずどこかで「問題」が発生します。

「問題」の発生に対して、解決するために「課題」を設定します。

「課題」を設定したら具体的な行動内容(対策)を実行して問題を克服します。

ビジネスシーンでは、「問題」と「課題」が混在させてしまうことがあります。

何が「問題」で何が「課題」なのかが不明瞭になってしまっては「対策」ができません。

「問題」と「課題」をはっきりと区別することが「対策」をたてる重要ポイントになります。

「問題」と「課題」を明確に区別するためには、なぜ問題が起こったのかを調査分析して原因を具体的にすることが大切です。

「問題」が明確になれば、解決するための「課題」が見えてきます。

「課題」がわかれば最良の「対策」をたてられます。


PAGE TOP