桜が一斉に咲き、一斉に散る理由

Sponsored Link

桜は日本の春の象徴として海外でも人気があります。

桜は旅立ちの象徴として日本人には親しみのある花です。

学校・記念の施設・公園・公共施設などに植えられています。

桜は、地名・人名・社名・学校名・施設名など多くに使われています。

家族や友達と、桜をバックにした写真を撮影した思い出がある人も多いのではないでしょうか。

桜は日本各地の風景や、日本人の心に深く溶け込んでいますね。

 

次に、桜のこと・桜が一斉に散るのは、一斉に咲くのはどうして?・日本の桜の種類、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

桜のこと

 

sakura_water

 

桜(サクラ)は、バラ科・モモ亜科・スモモ属(サクラ属)の落葉樹です。

日本では、観賞用として植えられている桜の多くは「ソメイヨシノ」という品種になります。

桜の英語表記は「Cherry blossom」ですが、最近では日本文化の影響からか、「sakura」と呼ばれることも多くなってきているようです。

桜は、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなどの、主に北半球の温帯に、広範囲に分布しています。

サクラの果実は、「サクランボ」または「チェリー」と呼ばれて、世界中で広く食用とされています。

日本では果実だけでなく、塩や梅酢に漬けた花も食用とされています。

桜の花言葉には、「精神の美」・「優美な女性」などがあります。

西洋での花言葉には、「優れた教育」などもあります。

春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる桜は、日本では鑑賞用だけでなく特別な地位にあります。

桜の花の下の宴会の花見は、日本の春の風物詩になっています。

桜の園芸品種は多く、日本では室町時代頃には多くの園芸品種が作られていたようです。

日本では固有種を含んだ10類の基本の野生種を基に、これらの変種を合わせて100種以上の自生種があります。

自生種から育成された園芸品種が200種以上あり、分類によっては600種ともいわれる品種が確認されているようです。

江戸末期に出現した「ソメイヨシノ(染井吉野)」は、明治以降になって日本全国各地に広まりました。

「ソメイヨシノ」は、サクラの中で最も多く植えられた園芸品種になっています。

次に、桜が一斉に散るのは、一斉に咲くのはどうして?・日本の桜の種類、などの紹介をします。

 

桜が一斉に散る・一斉に咲くのは?

 

cherry-blossom_00012

 

桜はどうして、一斉に咲いて一斉に散るのでしょうか。

日本中の桜が全て一斉に咲くのではありません。

日本では日本各地に「ソメイヨシノ」が植えられています。

桜の中でも最も多く植えられている品種が「ソメイヨシノ」です。

「ソメイヨシノ」は、江戸時代の植木屋さんが交配によって育てた桜だとされています。

「ソメイヨシノ」は、人の手を介して「接ぎ木」や「挿し木」などで増やします。

「接ぎ木」や「挿し木」などで育てると遺伝子が同じになります。

「ソメイヨシノ」は遺伝子が同じなので、開花の環境条件が整えば一斉に咲きます。

そして、一斉に散ります。

桜のソメイヨシノが一斉に散るのや、一斉に咲くのは遺伝子が同じだからです。

 

桜の種類

 

全ての桜が、一斉に散る・一斉に咲くわけではありません。

日本各地に植えられている園芸種の「ソメイヨシノ」が、一斉に咲いて一斉に散ります。

他の種類の桜は、それぞれの環境条件で咲いて散ります。

桜の種類は多く、日本でも多くの種類の桜が咲いて散っています。

桜の種類には、

・ヤマザクラ群

・エドヒガン群

・マメザクラ群

・チョウジザクラ群

・カンヒザクラ群

・サトザクラグループ

・ミザクラ群

・ミヤマザクラ群

・カラミザクラ群、など多くあります。


PAGE TOP