祖先と先祖の違いと使い分け方、例文。祖先の対義語は何?

Sponsored Link

祖先と先祖の違いや、祖先の対義語などを知っていれば、雑談のときの話題提供になるかもしれません。

生物は、環境に適応しながら様々に変化しています。

始まりは同じ種であっても、環境が違えばそこから分岐して更に変化していきます。

生物の系統を、時間を遡って辿れば、生物種が分岐・変化して行く前段階に到達します。

時間的に逆行する追跡や調査において、辿られていった存在が祖先・先祖になります。

祖先・先祖は、人間の社会においてその分岐・変化の前段階と、辿っていく際の概念になります。

人間・生物種としてのヒトの存在が在るためには、その世代に至る前の親が必須になります。

この親の存在が祖先や先祖になります。

一般的に「先祖」と言う場合は、祖父母以前の尊属や、既に死んだ尊属を指す場合が多くなります。

 

次に、祖先と先祖の違い・祖先の対義語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

祖先

 

shinka

 

祖先と先祖の違いを分かるために「祖先」の概要を紹介します。

祖先のことを辞書では、・「一族・一家の初代に当たる人」・ 「現在の発達の元になったもの」と説明してあります。

生物学的な側面では、進化分類学において、ある生物種の進化前の段階を祖先と呼びます。

祖先は、進化の元になった人々のことも表しています。

人類の祖先・日本人の祖先となった民族、などのように使うことが多ですね。

祖先は、教科書などの公的な文章や学会などで用いられることが多いようです。

次に、先祖のこと・祖先の対義語などの紹介をします。

 

先祖

 

gosenzosama

 

祖先と先祖の違いを分かるために「先祖」の概要を紹介します。

先祖のことを辞書では、・「家系の初代に当たる人」・「その家系に属した過去の人々」などと説明してあります。

「祖先」という言葉が、ある生物種の進化前の段階をいう場合が多いのに対して、先祖という言葉は個別の血族を表しています。

例えば、私の先祖は○○の家系で・・・、などのように個人的な表現に使います。

先祖という言葉は、口語として日常会話でも使われています。

先祖は、既に亡くなった数世代以前の血縁者全般を表すことが多くなります。

直系の尊属を指す場合が多ようです。

次に、祖先の対義語を紹介します。

3@祖先の対義語

祖先と先祖の違いは、祖先は教科書などの公的な文章や学会などで用いられることが多く、先祖は既に亡くなった数世代以前の血縁者全般を表すことが多くなります。

祖先の対義語には、「子孫(しそん)・「後裔(こうえい)」・「末裔(まつえい)」などがあります。

「子孫」を辞書で調べると、

・子と孫

・子、孫、曽孫と血筋をひいて生まれる人々

・のちの世代の人々

・後裔(こうえい)、などと説明してあります。


PAGE TOP