日焼け後に皮がむけるのはなぜ?皮むけの対処方法

Sponsored Link

紫外線を浴びると日焼けをします。

日焼けをした後には薄皮がむけます。

薄皮がむけているときは、汚くて気になりますね。

日焼けをした後には、どうして薄皮むけが起きるのでしょうか。

薄皮むけがなぜ起きるのかを知って、肌ケアの方法を知っていれば役立ちます。

 

次に、日焼けの薄皮むけはなぜ・日焼けの薄皮むけ時の注意点・日焼けの薄皮むけの対処法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

日焼けの薄皮むけはなぜ?

 

00d25f9acf50b1517b5a03a38a2e04f8

 

日焼けをしたときの気になる症状のひとつに皮膚の薄皮むけがあります。

日焼けをすると、薄皮むけがなぜ起きるのでしょうか。

見た目にも不潔感がある薄皮むけなので、つい皮をとりたくなります。

無理やり薄皮をむけば、肌に深刻なダメージをあたえるので注意が必要です。

日焼けがすると薄皮が落ちるのは、日焼けによって皮の細胞が死んでしまうことが原因です。

日焼けで細胞が死んでしまっても、肌が永久的にダメージを負うわけではありません。

肌の細胞はターンオーバーを繰り返すことで定期的に生まれ変わります。

薄皮むけは、新たな細胞に置き換わることで、日焼けで傷ついた古い皮膚がはがれ落ちていくことです。

日焼け後に薄皮がめくれるのは、日焼け後の治癒がシッカリ行なわれているからです。

皮むけは平均的に4~7日程度で始まります。

キレイに薄皮が取れるまでは2週間ほどかかります。

 

日焼けの薄皮むけ時の注意点

 

sunburn-hurts-skin

 

日焼け後に薄皮むけがなぜ起きるのかの理由は、日焼けによって皮の細胞が死んでしまうからです。

新しい皮膚が作られると、古い薄皮は自然にはがれます。

只、汚いから・気になるからといって、薄皮をとってしまうことは厳禁です。

日焼け後の薄皮むけは、無理にとらないことが鉄則です。

薄皮を無理にとることで、新しい皮膚まではがれてしまいます。

新しい皮膚が形成されるまでは、古い皮膚が体を守っています。

新しい皮膚が体を守る役割を果たせるまでには時間が必要です。

未完の状態で肌深部が表面に出してしまうと、肌の奥深くにまで紫外線のダメージが伝わります。

薄皮をむくのは汚くても・気になっても我慢してください。

 

日焼けの薄皮むけの対処法

 

日焼け後の薄皮むけがなぜ起きるのかがわかれば、無理に薄皮をむいてはいけない理由もわかりますね。

新しい皮膚を素早く生み出す方法があります。

日焼け部分をシッカリと保湿ケアすることです。

乾燥した肌の治癒力は低くなります。

肌が乾燥して保湿が不足になると、新しい皮膚をつくるのが遅くなります。

日焼け後の薄皮むけの部分は、化粧水や乳液で保湿を行ないましょう。

保湿用化粧品は刺激が少ないものを選びます。


PAGE TOP