さんずいに光(洸 )の意味、読み方、熟語、使い方

Sponsored Link

さんずいに光と書いて「洸」と書く漢字があります。

名前以外では見かけることが少ない漢字ですが、意味や由来を知っていると役立ちます。

「洸」の熟語や「洸」の音読み・訓読みも知っていれば役立ちますね。

 

次に、「洸」のこと・「洸」由来・さんずいに光の「洸」の熟語・「洸」の音読みと訓読み・「洸」を使った名前などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

「洸」

 

s2574

 

「洸」は、さんずいに光と書く画数9画の漢字です。

字面に「光」の文字が入っているので良い印象を受ける漢字として、名前に用いられることが多いようです。

「洸」の意味は、

・水が沸き立ち四方に広がる様子

・水が沸き立ち光る様子

・水が深く広い様子

・水が押し寄せる様子

・ほのか・かすか・明らかでない様子などになります。

「洸」の文字の成り立ちは、“水が沸き立ち光る様子”を「サンズイ」と「光(ひかり)」を組み合わせて表現した文字になります。

「洸」はその漢字の成り立ちから、「光」がキラキラと輝く様子や広い水辺の様子を連想させます。

「洸」には、水が沸き立ち四方に広がる様子から、滞りなく水があふれ出る豊かさや活発な様子も想起させます。

「サンズイ」と「光」の簡単な字を組み合わせた字なので、子供にとって書きやすく覚えやすい漢字です。

簡単な字の組み合わせなので、子供には説明しやすいですね。

子供に「洸」の漢字を教えるときは、「サンズイ」に「光」を合わせた漢字だと説明すればスグに書けるようになります。

次に、洸の熟語・「洸」の音読みと訓読み・「洸」を使った名前などの紹介をします。

 

「洸」の熟語・音読み・訓読み

 

yjimageN9QJV7I1

 

さんずいに光と書いて「洸」になる漢字の熟語・「洸」の音読みや訓読みなどを紹介します。

「洸」には熟語は多くありませんが「洸洋」という言葉があります。

「洸洋」の意味は、水が深く広い様子です。

水が深く広い様子が転じて、知識などが深い様子も表しています。

「洸」からは、「賢さ」を想像することもできます。

「洸」の音読みは「コウ」・「オウ」になります。「洸」には訓読みはありません。

 

「洸」を使った名前

 

さんずいに光と書く「洸」は名前に良く用いられる漢字です。

「洸」には熟語はあまりありません。

「洸」の音読みは「コウ」・「オウ」です。

「洸」には訓読みはありません。

「洸」は1981年から名前に使えるようになった漢字になります。

「洸」は名前以外では普段の生活では見かけることが少ないようです。

日常的に目にする漢字ではないので、「新鮮」な印象を与えてくれます。

「洸」の名のりには、「たけし」・「ひろし」・「ひろ」・「ふかし」などがあります。

「洸」が入る女の子の名前例を紹介します。

・洸彩(こいろ)・洸花(こうか)・洸奈(こうな)・洸楓(こうふう)

・洸春(こはる)・洸楼音(ころね)・洸露寧(ころね)・千洸(ちひろ)

・智洸(ちひろ)・知洸(ちひろ)・洸利(ひかり)・洸吏(ひかり)

・洸李(ひかり)・洸璃(ひかり)・洸里(ひかり)・洸佳(ひろか)

・洸子(ひろこ)・洸奈(ひろな)・洸未(ひろみ)・洸伽(ほのか)

・洸夏(ほのか)・洸果(ほのか)・洸歌(ほのか)・洸花(ほのか)

・洸華(ほのか)・洸香(ほのか)・真洸(まひろ)などがあります。


PAGE TOP