複数の人との名刺交換のマナー、タイミング、受け取り方、置き方

Sponsored Link

ビジネスシーンでは、正しい名刺の受け渡し方は大切です。

名刺の渡し方と受け取り方は、1対1で名刺交換をする場合と、複数で名刺交換する場合の作法があります。

また、複数の名刺を交換した場合の名刺の置き方などにも注意が必要です。

名刺交換は、ビジネスでは基本的なコミュニケーションになります。

ビジネスシーンでは名刺交換から企業間や人間間での利益を生む仕事が始まることがあります。

名刺交換は、ビジネスでは最も重要なコミュニケーションになるのではないでしょうか。

名刺交換の場では、名刺は自分自身の分身であると表現されています。

自分の分身が相手にどのように扱われるか気になりますね。

自分が気になるように、名刺交換した相手も名刺がどのように扱われるかチェックしているはずです。

名刺の扱われ方をチェックすることで、これからどのようなお付き合いに発展するかが予測できます。

名刺を雑に扱うことはビジネスシーンではタブーです。

名刺は自分や相手の分身でありアイデンティティーであることを忘れないようにすることが大切です。

名刺に書かれていることは、自分の会社でのポジション・肩書を明確にしています。

国家資格の名称などを書いて法律上の立場を明確にする必要もあります。

会社の名称と自分の名前を分かりやすく相手に伝える役割もあります。

正しい連絡先を伝えることで、ビジネスもスムーズに始められます。

 

次に、名刺のこと・名刺の受け取り方・1人対1人の名刺交換・複数での名刺交換・複数の名刺の置き方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

名刺のこと

 

01DSC_1698

 

名刺を英語表記すると「Calling Card」になります。

名刺は、自分の名前・会社の所属・連絡先等を記したカードです。

他人に渡すことを目的としたカードになります。

ビジネスシーンでの名刺は、職業上の自己紹介のために手渡されます。

一般的には、氏名を最も強調して、所属やポジション・所在地・電話番号・メールアドレス・国家資格名を記載します。

名刺によっては、本人の証明写真・ウェブサイトのURL・ロゴタイプ・宣伝したい商品・施設名などを記載しているものもあります。

名刺は、保存性や耐久性の点から丈夫な厚い紙が使われています。

携帯の利便性を考慮して人の手のひらよりも小さいサイズの紙製が使われます。

日本・台湾・中国・韓国などの東アジア地域や東南アジア諸国でのビジネスシーンでは名刺交換が慣習化しています。

日本では、名刺交換方法は大切なビジネスマナーだと考えられています。

近年は欧米でも、URL・メールアドレスなどの交換の必要性もあり、また東アジアでのビジネスの関係から名刺交換が増えているようです。

名刺のサイズは黄金比になっています。

日本の名刺の標準サイズは91mm×55mmです。

次に、名刺の渡し方や受け取り方・1人対1人の名刺交換・複数での名刺交換・複数の名刺の置き方などの紹介をします。

 

名刺交換

 

3df9be2f9d1d7a2395126cbca73ac6b1_t

 

名刺の渡し方や受け取り方は1人対1人での名刺交換と複数人での名刺交換は異なります。

1人対1人で名刺交換をする場合は、目下の人から目上の人に対して先に名刺を差し出します。

ビジネス上での目上と目下は、社会的地位や年齢ではありません。

目上とは、「お金を出す人」・「お金を出した人」・「お願いをされている人」側の人になります。

目下とは、「お金をもらう人」・「お金をもらった人」・「お願いをしている人」側の人になります。

ビジネスでの営業活動をしている場合は名刺を先に差し出す人は自分になります。

営業関係以外では、地位が高い人より低い人、訪問先よりも訪問者が目下になります。

複数での名刺交換では、目上の人から順に名刺交換を始めます。

例えば、自社の課長と担当者の上司・自社の課長と担当者の名刺交換の次に、本人と担当者の上司・本人と担当者との名刺交換になります。

名刺交換のステップは、名刺交換をしやすい位置に立つ・名刺を準備する・名刺を差し出す・名刺を受け取るになります。

目上の人から先に名刺を差し出されたときには、「申し遅れました」といって相手の目を見ながらスグに自分の名刺を差し出します。

次に、複数の名刺の置き方などの紹介をします。

 

複数の名刺の置き方

 

名刺の渡し方や受け取り方は1人対1人の名刺交換や、複数での名刺交換では異なります。

複数の名刺の置き方は、自分から見て左斜め前に相手の名刺を置きます。

1人対1人の場合の名刺は、相手の名刺をテーブルに置かないで自分の名刺入れの上に載せます。

複数の人と名刺交換をした場合は、役職の1番高い人の名刺を名刺入れの上に載せて、そのほかの名刺をテーブルの上に載せます。

多人数の場合は名刺入れの上には載せないで、全てテーブルの上に載せます。

並べる順番は役職順ではなく、相手の座席の順番に並べます。

テーブルに書類が多くてスペースが無い場合は、軽く一礼して名刺入れにしまいます。


PAGE TOP