クリスマスのサンタのトナカイたちの名前、性別とその由来や秘密

Sponsored Link

クリスマスのサンタクロースには名前があるのでしょうか。

クリスマスでの子供たちの人気者のトナカイの名前も気になります。

クリスマスのトナカイの名前や性別など知っていると子供たちに聞かれたときに自信をもって伝えられます。

サンタクロースやトナカイの由来や秘密なども知りたいですね。

 

次に、クリスマスのサンタクロースの由来や名前・クリスマスのトナカイの由来や名前・クリスマスのトナカイの性別や秘密などを紹介します。

 

スポンサーリンク

クリスマスのサンタクロース

 

220px-Samichlaus_un_Ruprecht

 

クリスマス(Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭になります。

サンタクロースは、12月24日のクリスマス・イブに良い子のもとへプレゼントを持って訪れる人として人気ですね。

サンタクロースの起源は、4世紀頃の東ローマ帝国の聖ニコラオスの伝説だという説が有力のようです。

サンタクロースの正式の名称は「聖ニコラオス」になります。架空の人物ではなかったのですね。

日本でおなじみのサンタクロースは、常に笑顔の白のトリミングのある赤い服と赤いナイトキャップを被った白ヒゲの太ったおじいさんですね。

白い大きな袋にクリスマスプレゼントを入れて肩に担いでいる姿は子供に人気です。

19世紀の初出では1頭立てのトナカイがそりを引く姿でしたが、やがてトナカイの数が増えました。

現代のサンタクロースは、家々の子どもたちが寝ている間にプレゼントを配るイメージが定着しています。

各国でプレゼントを配るサンタさんの姿は違うようです。

イギリスでは緑色の服を着ています。

イギリスやオーストラリアやニュージーランドでは、ファーザークリスマスと言うそうです。

ドイツでは、悪い子は黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)にさらわれるという言い伝えがあります。

ロシアではマロースおじいさんが孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習があるようです。

次に、クリスマスのトナカイの名前・クリスマスのトナカイの性別や秘密などを紹介します。

 

クリスマスのトナカイ

 

12110702-1

 

クリスマスのサンタクロースの名前は聖ニコラウスです。

サンタクロースが乗っているそりを引いている9頭のトナカイの名前を紹介します。

トナカイは8頭とされている説もありますが全部で9頭いるそうです。

トナカイの列の先頭から紹介すると、

・ルドルフ・ダッシャー・ダンサー

・プランサー・ヴィクセン・コメット

・キューピッド・ドンダー・ブリッツェンになります。

トナカイたちの名前は、クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」の冒頭でも歌われています。

次に、クリスマスのトナカイの性別や秘密を紹介します。

 

クリスマスのトナカイの性別

 

クリスマスのサンタクロースの名前は聖ニコラウスになります。

クリスマスのトナカイの名前は、ルドルフ・ダッシャー・ダンサー・プランサー・ヴィクセン・コメット・キューピッド・ドンダー・ブリッツェンになります。

トナカイ達の名前の由来は、アメリカの新聞に掲載されたクリスマス向けの詩だとされています。

この詩の中で、サンタクロースがトナカイ達の名前を1頭ずつ呼んでいます。

クリスマスのトナカイの性別はありません。

オスでもメスでもないようです。

赤鼻のトナカイのモデルとなったトナカイはルドルフとされています。

ルドルフはクリスマスメンバーでは新入りですが一番有名で一番の人気者です。


PAGE TOP