電子レンジのオーブン機能でアルミホイルは使用できる?

Sponsored Link

電子レンジは、電磁波で水分を含んだ食品などを発熱させる機能がある調理機器になります。

電子レンジでは、マイクロ波を照射して水分子を繋ぐ振動子に直接エネルギーを与えます。

分子を振動・回転させて温度を上げる方式のマイクロ波加熱を利用した調理機器です。

マイクロ波を用いた電子レンジでは、物質の内部まで放射によって加熱できます。

水分子を含まない電磁波が透過するガラスや陶磁器は加熱されません。

電子レンジの名称は、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされています。

昭和36年(1961年)に急行電車のビュフェで東芝の製品をテスト運用した時に電子レンジと呼ばれました。

市販品にも電子レンジの名称が使われたため一般的な名称として定着しました。

電子レンジのことは英語ではマイクロウェーブ オーブン(microwave oven) と呼ばれます。

電子レンジの機能に他の機能を付加した製品も多く登場しています。

電子レンジにオーブン機能のついた電子レンジは「オーブンレンジ」と呼ばれています。

「オーブンレンジ」は、電熱管・電熱線・ガス燃焼があるので電子レンジには出来ない焼き調理ができます。

オーブン機能と電子レンジ機能の利点をミックスした「オーブンレンジ」は多くの家庭で活躍しています。

電子レンジの中には、スチーム利用で加熱したり、食品の温度を計測しながら自動的に加熱時間を調整するなどの多機能電子レンジもあります。

 

次に、電子レンジ・オーブン機能でアルミホイルは使用できる?・オーブンレンジでアルミホイルは燃える?・電子レンジでアルミホイルの火花がでる理由などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

電子レンジ

 

publicdomainq-0003702gnb

 

電子レンジにオーブン機能が付いているオーブンレンジを利用している家庭も多いのではないでしょうか。

アルミホイルを使った料理はオーブンレンジで可能でしょうか?

アルミホイルが燃えることはないのでしょうか。

オーブンレンジのオーブン機能で、アルミホイルを使った料理ができます。

オーブンレンジのオーブン機能では、内部にあるヒーターが発生する熱で食材を温めます。

ヒーターの熱で直接加熱できるので、アルミホイルを使った調理が可能になっています。

次に、オーブンレンジでアルミホイルが燃える?・電子レンジでアルミホイルから火花がでる理由などの紹介をします。

 

オーブンレンジでアルミホイル燃える?

 

SAWA854_TP_V

 

電子レンジにオーブン機能が付いたオーブンレンジであれば、アルミホイルを使った調理が可能です。

オーブンレンジのオーブン機能では、ヒーターの熱で直接加熱しているのでアルミホイルが燃えることはありません。

しかし、アルミホイルがヒーターの電熱管に触れて高熱になり過ぎると火がつく危険があります。

発火しなくても溶け出すことがあるので、ヒーター部分にはアルミホイルが触れないように気を付けてください。

次に、電子レンジでアルミホイルから火花が出る理由の紹介をします。

 

アルミホイルの火花

 

電子レンジにオーブン機能がついたオーブンレンジで、アルミホイルを使った料理をしてみませんか。

オーブンレンジのオーブン機能を使った調理でアルミホイルが燃えることはありません。

電子レンジでアルミホイルを使った調理をすると火花がでます。

電子レンジでアルミホイルを使うと火花が出る理由は、電磁波がアルミホイルに当たるからです。

アルミホイルの原料は金属のアルミです。

金属に電磁波が当たると火花が発生して、最悪発火することもあります。


PAGE TOP