カゲロウの寿命が3時間と短い理由。メスの寿命はオスよりも短い?

Sponsored Link

カゲロウの寿命は短いとされていますが、どうしてカゲロウの寿命は短いのでしょうか?

カゲロウの寿命が短い理由を知っていれば子供の質問にも慌てなくて済みそうです。

カゲロウを漢字表記すると「蜉蝣」になります。

蜉蝣(カゲロウ)は、節足動物門・昆虫綱・カゲロウ目(蜉蝣目)に属する昆虫になります。

蜉蝣(カゲロウ)は、昆虫の中で最初に翅を獲得したグループの一つの昆虫であると考えられています。

幼虫はすべて水生です。

不完全変態ですが、蜉蝣(カゲロウ)は幼虫→亜成虫→成虫という半変態と呼ばれる特殊な変態をします。

軟弱で長い尾をもっていて寿命が短いのが蜉蝣(カゲロウ)の成虫の特徴です。

蜉蝣(カゲロウ)の学名はギリシャ語でカゲロウ「ephemera」と翅「pteron 」からなります。

「ephemera」はチラシやパンフレットなどのエフェメラを意味していて、その日だけの一時的な存在であることになります。

 

次に、蜉蝣(カゲロウ)のこと・カゲロウの寿命・カゲロウの寿命が短い理由・などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

蜉蝣(カゲロウ)

 

ephemera-1638225_960_720

 

蜉蝣(カゲロウ)の成虫と幼虫の概要を紹介します。

カゲロウの成虫は弱々しい細長い体です。

頭には3個の単眼と、よく発達した1対の複眼があります。

「ターバン眼」とも呼ばれるカゲロウ目に特有のものです。

触角はごく短く、口の構造は退化的で通常は摂食機能はありません。

胸部は前胸・中胸・後胸の3節です。

脚は華奢で細長く、前脚は特に長く発達しています。

腹部は細長くて10節になって後方へ向かって細まっています。

オスは川面などの上空で群飛しています。

スーっと上昇したあとフワフワと下降するような飛翔を繰り返しています。

成虫は餌を取らないで水中に産卵するとごく短い成虫期間を終えます。

蜉蝣(カゲロウ)の幼虫はすべて水中で生活しています。

幼虫の多くは川の比較的きれいな流域・湖沼・浅い池・水田など止水域に生息しています。

人間と蜉蝣(カゲロウ)との直接的な利害関係は薄く、人に直接危害を加えることはありません。

噛み付くこともなく、毒を有することもありません。

オオシロカゲロウなどが、時に大発生して大量の雪が舞ったようになって視界を遮ったりすることはあります。

路上に積もって自動車をスリップさせたりして交通障害を引き起こすこともあります。

東南アジアに分布しているキクイカゲロウ は、水中の木材や竹材に穿孔してフナクイムシに良く似た巣穴を作るので、木造船・水上家屋・木製の導水路などに害を与えているようです。

次に、蜉蝣(カゲロウ)の寿命・カゲロウの寿命が短い理由などを紹介します。

 

カゲロウの寿命

 

Haft

 

蜉蝣(カゲロウ)は寿命が短いことで知られている昆虫です。

蜉蝣(カゲロウ)の成虫の寿命が短い理由は口がほとんど機能していないことです。

蜉蝣(カゲロウ)の寿命は幼虫と成虫を合わせると半年~1年程度になります。

生きている99%以上が幼虫の期間になります。

成虫になると羽虫になって空を飛びますが、蜉蝣(カゲロウ)の多くは成虫になって1日で死にます。

成虫になると口がほとんど機能しないので餌を食べることができません。

蜉蝣(カゲロウ)の成虫は繁殖するためだけの役目しかなさそうです。

 

カゲロウのメスの寿命はオスよりも短い?

 

蜉蝣(カゲロウ)の成虫の寿命は1日といわれています。

蜉蝣(カゲロウ)の寿命が短い理由は、口が機能していないので餌を食べられないことです。

成虫の蜉蝣(カゲロウ)の寿命は1~3日程度だと言われていて、カゲロウのメスの寿命はオスよりもさらに短いと言われていますが本当でしょうか?

メスの蜉蝣(カゲロウ)の寿命が1~3時間と言われている正確な理由は、子孫を残すための行動時間を指しているようです。

成虫の蜉蝣(カゲロウ)の寿命は、オスとメスでは違いはありません。

成虫の蜉蝣(カゲロウ)は平均1~3日で寿命を迎えます。


PAGE TOP