見る、観る、視る、診るの違いと使い分け。テレビを「みる」場合は?

Sponsored Link

見る・観る・視る・診る、の意味を知っていなければ違いもわかりませんね。

 

次に、見る・観る・視る・診る、の意味と違いについて紹介します。

 

スポンサーリンク

見る

 

calender_man

 

見る・観る・視る・診る、の意味と違いを分かるために「見る」の概要を紹介します。

「見る」には、視覚でものをとらえる・見物する・見学する・検討する・判断する・読んで知る・経験する・試す・占うなどの多くの意味があります。

「看る」・「観る」・「視る」・「診る」は意味を強調したいときに使われる漢字です。

そのため、「看る」・「観る」・「視る」・「診る」の漢字を「見る」としても間違いではないとされています。

「見る」の使い方を紹介します。

目で見る使い方では、目撃する・ちらりと見る・注意してみる・じろじろ見るなどになります。

観察する使い方では、外国人が見た日本・子供が魚を見ている・出張中に見たことを話す・数学の授業を見に行ったなどになります。

うかがう使い方では、様子を見る・機会を見て試すなどがあります。

名所を見物する使い方では、京都を見る・田舎を見る・美術館を見る・芝居を見る・映画を見るなどがあります。

目を通す使い方では、昨日の新聞を見てください・その内容は今日の新聞で見ました・手紙を見てもらえますか・書類をサッとみるなどがあります。

調べる(辞書や書物)使い方では、答案を見る・文献を見ている・部屋の照明を消したか見る・テレビが壊れていないか見るなどがあります。

判断する使い方では、見た目は悪くないファッションだ・見た目が悪いネクタイ・良家のお嬢さんだと見た・私の見たところの損害は・遭難者の多くは死んだと見られる・どう見ても変なカップルだなどと使います。

世話をする使い方では、赤ん坊の面倒を見る・経理を見る・営業を見る・幼児を見るなどがあります。

経験する使い方では、痛い目を見る・それ見たことか・今に見ていろなどになります。

次に、観る・視る・診る、の意味と違いを紹介します。

 

観ると視る

 

publicdomainq-0012784naa

 

見る・観る・視る・診る、の意味と違いを知るために、「観る」と「視る」の概要を紹介します。

観るは、映画や芝居やスポーツなどを鑑賞することや、観光などで周囲を見渡す場合に道いられます。

テレビをジックリ見るときは「観る」と書きますが、なんとなくの場合は「見る」になります。

「視る」は、調査や視察などの意味で使われます。

災害地を視るなどです。

調査や視察などでも「見る」を使いことが多く「視る」を使うことは少なくなっています。

「視る」はジッと見る意味の漢字なので、「注視」・「軽視」・「凝視」・「敵視」などの熟語で使われます。

次に、診る、の意味の概要を紹介します。

 

診る

 

見る・観る・視る・診る、の意味と違いを知るために「診る」の概要を紹介します。

「診る」は健康状態や病状を調べるときに使います。

「診る」を使った熟語には、往診・診察・回診・休診・健診・再診・誤診などがあります。


PAGE TOP