里帰り出産のお礼の相場、渡す時期。誰が誰に渡す?品物は何が良い?

Sponsored Link

里帰り出産をする人は多いですが、お礼はどうすれば良いのでしょうか。

里帰り出産のお礼は誰が誰に渡すのか知っていますか。

里帰り出産のお礼のおススメの品物にはなにが良いでしょうか。

里帰りとは、妻が結婚後 初めて実家に帰る意味です。

伝統的風習であった里帰りは、結婚後の3日目・5日目に夫が妻を妻の実家まで送り届けてから夫は婚家に帰り、妻は自分の実家に宿泊して、翌日に妻の母が妻を婚家に送り届けていたようです。

一般的には、妻が実家に一時的に帰ることを里帰りと言います。

近年では、出産のかたちのひとつとして「里帰り出産」があります。

「里帰り出産」とは、妻が婚家を離れて実家付近の病院で出産をすることをいいます。

出産前後は、いつ陣痛がおこるかわからないため出産の予定を立てられません。

夫は仕事があるので、陣痛の可能性がある妻の不安は大きくなりストレスもたまります。

胎児とママの不安とストレス軽減には、出産経験のある実母に頼れば安心です。

出産前後に里帰りをする「里帰り出産」は胎児とママのためにも賢い選択だと考えられています。

 

次に、里帰り出産のメリットとデメリット・里帰り出産のお礼・里帰り出産のお礼は誰が誰にする・里帰り出産のお礼のおススメの品物などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

里帰り出産のメリット・デメリット

 

Multi-generation family portrait

 

里帰り出産のメリットには、

・出産経験のある先輩ママ(実母)のサポートがある

・スグに病院につれていける家族が側にいる

・緊急時頼れる自分の家族がいる

・家事を実母に頼れる

・出産後も子育てに専念できることなどがあります。

里帰り出産のデメリットには、

・いつまでも自分の家族への依頼心が抜けない

・夫婦が離れ離れになる

・父親が自覚を持ちづらい

・子育てに自分の両親が口を出し過ぎる

・長期滞在になると生活費の問題が起きる

・産後クライシスのリスクがアップするなどがあります。

次に、里帰り出産のお礼・里帰り出産のお礼は誰が誰にする・里帰り出産のお礼のおススメの品物などの紹介をします。

 

里帰り出産のお礼

 

mama1

 

里帰り出産は実母がそばにいてくれてサポートしてくれるので、ママも安心して出産できます。

数日帰省する里帰りとは違い、里帰り出産は出産前後の数か月間も赤ちゃんとママがお世話になります。

「娘」でも子の親になる身としては出産サポートをしてもらったお礼もキチンしたいものです。

里帰り出産のお礼については、金額・品物などが気になります。

里帰り出産をする場合は、夫の実家が妻の実家にお礼をすることがあります。

嫁がお世話になったことへの感謝の気持ちとして現金などを渡します。

現金でのお礼では、5~10万円程度が相場になるようです。

 

誰が誰に?おススメの品物

 

里帰り出産のお礼は誰が誰にするのでしょうか。

現金でのお礼では、5~10万円程度に手紙などを添えて夫が嫁の両親に渡すケースが多いようです。

現金を受け取ってもらえなかった場合は、出産サポートのお礼を同額ほどの品物に変えて渡します。

両親の好きな品物に変えて感謝の気持ちを伝えます。

里帰り出産のお礼のおススメの品物の金額の相場は1~5万円になります。

お酒やお菓子なら1万円程度・商品券などの場合は2~5万円程度になります。

お礼の品には、旅行券やビール券などもあります。


PAGE TOP