エイプリルフールにはルールがある?日本での始まり、由来

Sponsored Link

エイプリルフールにはルールがあるようです。

エイプリルフールの由来・意味・歴史を知っていますか。

エイプリルフールは毎年4月1日にある世界的な風習です。

4月1日は嘘をついても良いという風習がエイプリルフールになります。

エイプリルフールにはルールがあります。

エイプリルフールでの嘘は、4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。

エイプリルフールを日本語に直訳すると「四月馬鹿」になります。

中国語では「愚人節」・フランス語では「プワソン・ダヴリル」と呼ばれています。

 

次に、エイプリルフールの由来・意味・歴史やルールや日本での始まりなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

エイプリルフールの由来・起源

 

e0152373_15410145

 

エイプリルフールには、嘘をついても良いのは4月1日の正午までというルールがあります。

エイプリルフールの起源・由来は不明です。

エイプリルフールという風習が、いつ・どこで始まったかは不明です。

有力なエイプリルフール起源説はありますが確かではありません。

・1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用したことに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをはじめたのが始まりという説があります。

・4月1日を「嘘の新年」とした馬鹿騒ぎに憤慨したシャルル9世が、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し処刑したことを忘れないためにフランス王への抗議で、その後も毎年4月1日に「嘘の新年」を祝うようになったという説もあります。

・インドで悟りの修行が春分から3月末まで行われていましたが、すぐに迷いが生じることから4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったからとする説もあります。

・イングランドの王政復古の記念祭「オークアップルデー」が由来だとする説もあります。

 

日本でのエイプリルフールの歴史

 

usokaradetamakoto

 

4月1日のエイプリルフールで嘘をついても良いのは正午までというルールがあります。

日本でのエイプリルフールの始まりは大正時代になるようです。

エイプリルフールが日本に伝わる前の4月1日は「不義理の日」と呼ばれていたようです。

不義理の日は、普段に義理を欠いている人に対して挨拶と近況を伝える手紙を送る日だったようです。

エイプリルフールが伝わってからは「不義理の日」のことは忘れられました。

日本でのエイプリルフールは、パロディや嘘やネタと分かる発表がある程度ですが海外では違います。

ヨーロッパなどでは、大手新聞社が新聞一面に嘘記事を載せて社会を騒がせることなどもします。

 

世界のエイプリルフール

 

4月1日のエイプリルフールにはルールがあります。

4月1日に嘘をついても良いのは正午までなので注意してください。

日本でのエイプリルフールはネタやスグに分かる嘘ですが、ヨーロッパなどの欧米では新聞が嘘記事を掲載したりします。

テレビでの報道番組でも、ジョークニュースを報道することもあるので注意が必要です。

IT技術の進歩でインターネットが普及してからは冗談が公開されたりしています。

ウェブサイトではジョークコンテストなどが公開されています。


PAGE TOP