余寒見舞いの意味、時期はいつからいつまで?文例など

Sponsored Link

余寒見舞いの意味を知っていますか。

余寒見舞いは時期を間違わないように気を付けてください。

「余寒見舞い」の読みは「よかんみまい」になります。

余寒見舞いという言葉は聞きなれないと感じる人も多いのではないでしょうか。

余寒見舞いは知らなくても「寒中見舞い」は知っているという人は多いですね。

寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節に送る季節の便りになります。

寒さが厳しい季節を迎え、相手の体調への気遣いとこちらの近況を伝えます。

寒中見舞いは寒さが厳しい季節に送る便りだけではなく、喪中の方に年賀状の代わりの挨拶状としての使い方もあります。

余寒見舞いと寒中見舞いの違いは、便りを出す時期になります。

寒中見舞いは1月1日~7日の松の内があけてから2月4日頃の立春までに出します。

余寒見舞いは立春(2月4日頃)を過ぎてから出します。

春になってもまだ寒さが残っていると意味で余寒見舞いになっているようです。

 

次に、余寒見舞いの意味・余寒見舞いの時期などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

寒中見舞いの後

 

yjimage

 

余寒見舞いの意味は、春になってもまだ寒さが残っている季節の便りになります。

余寒見舞いの時期は寒中見舞いの後になります。

寒中見舞いは1月1日~1月7日の松の内から立春(2月4日頃)までの間の寒さが厳しい季節に出す便りです。

立春を過ぎると春を感じますが、まだまだ寒さが残っています。

立春を過ぎてまだ寒さが残っている季節には、「寒中見舞い」に替えて「余寒見舞い」をだします。

 

季節の挨拶状

 

‚Í‚ª‚«-cŒ³i100“j

 

余寒見舞いの意味も寒中見舞いと同じく、相手の健康を気遣ったり、お互いの近況を報告しあう季節の挨拶状になります。

余寒見舞いの時期は立春(2月4日頃)を超えた季節になります。

余寒見舞いは寒中見舞いと同じく、相手の健康の気遣い・お互いの近況報告の季節の挨拶状として使われますが、年賀状の返礼を送りそびれた時の挨拶状としても使われています。

「寒中見舞い」や「余寒見舞い」などの季節の挨拶状は、失礼をしてしまった相手に遅ればせながらの挨拶をするときにも使われています。

 

余寒見舞いはいつまで

 

余寒見舞いの意味は、相手の健康への気遣いとお互いの近況報告の季節の挨拶状です。

余寒見舞いの時期は寒中見舞いの後の立春(2月4日頃)になります。

余寒見舞いは立春頃から出しますが、いつころまで大丈夫でしょうか。

一般的には余寒見舞いは2月下旬ころまでになっています。

以上から、「余寒見舞い」は2月下旬までには相手方に届くように送りましょう。

 


PAGE TOP