子供のホワイトデーにお返しは必要?!小学生の相場とお返し

Sponsored Link

ホワイトデーは楽しみですがプレゼントのお返しには悩んでしまいますね。

ホワイトデーのお返しでは小学生をもつママも悩んでしまうようです。

一般的に考えられているホワイトデーとは、バレンタインデーのお返しになります。

バレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてホワイトデーにキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされています。

ホワイトデーは3月14日になります。

ホワイトデーにバレンタインデーのお返しを贈る習慣は日本で生まれました。

最近では、中国・台湾・韓国など東アジアの一部でもホワイトデーが定着しているようです。

日本や日本の影響を受けた一部の国・地域ではホワイトデーが定着していますが、欧米ではこういった習慣はありません。

 

次に、ホワイトデーのことやお返しのプレゼントや小学生のお返しなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ホワイトデーの起源

 

whitedaykawaii5

 

ホワイトデーはバレンタインデーにもらったチョコレートのお返しの日になります。

最近では小学生の間でもバレンタインデーやホワイトデーのプレゼントに悩むケースもあるようです。

日本中の男性たちを悩まさせるホワイトデーの起源には諸説があります。

ホワイトデーの時期になると起源説や元祖の説がいろいろでてきているようです。

バレンタインデーが日本で定着するに従って、菓子業界からお返しの日を作ろうという案がでました。

昭和40年代に入って以降に、菓子業界では個々に独自の日を定めてビスケット・マシュマロ・キャンディ等のお菓子をホワイトデーの「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになりました。

ホワイトデー起源説には、「不二家・エイワ説」・「石村萬盛堂説」・「全飴協説」があります。

 

不二家・エイワ・石村萬盛堂・全飴協

 

illustrain07-sangatsu03

 

バレンタインデーにチョコレートのプレゼントをもらうと、ホワイトデーのお返し選びに悩みます。

小学生のワイトデーのお返しのお菓子が注目されているようです。

ホワイトデーのお返しには、不二家・エイワのマシュマロや石村萬盛堂のチョコレートマシュマロやキャンディーなどが人気です。

「不二家・エイワ説」と言われるのは、不二家が「リターン・バレンタイン」の名称でバレンタインデーのお返し用菓子類販売を行ったからです。

昭和48年(1973年)に「不二家」は「エイワ」と協力して3月14日にマシュマロを販売するキャンペーンを開始しています。

石村萬盛堂説も有名です。

黄身餡をくるんだ白いマシュマロ菓子で有名な石村萬盛堂からは、黄身餡の代わりにチョコレートをくるんだマシュマロを売っています。

石村萬盛堂は当初3月14日を「マシュマロデー」としてキャンペーンしていました。

1980年代に名称をホワイトデーに変更しています。

全飴協説は全国飴菓子工業協同組合(全飴協)のキャンペーンからでています。

1978年に全国飴菓子工業協同組合が「キャンディを贈る日」としてホワイトデーを制定しました。

 

小学生のホワイトデー

 

ホワイトデーのお返しは小学生でも気になります。

小学生のホワイトデーのお返しを心配しているのはママのようです。

一般的な悩みは3つあります。

・小学生のホワイトデーのお返しは必要?

・小学生のホワイトデーのお返しの品は?

・小学生でも倍返しするの?などです。

子供同士のプレゼントでもお返しは必要だというのが一般的な考えのようです。

子供の道徳面を考えると、プレゼントをもらったらお返しをするという考えは大人になってからも必要になります。

プレゼントは倍返しする必要はありません。

バレンタインデーに手作りチョコをもらったら、100円~200円程度のお菓子をお返しすればOKではないでしょうか。

女の子が喜ぶ小さめのお菓子の詰め合わせなどが喜ばれるようです。

 


PAGE TOP