厄年の意味と男女の年齢と厄払いはいつ行けば良い?服装は?

Sponsored Link

厄年の意味を知れば厄祓い(厄払い)をしたくなります。

厄年の年齢は男性と女性では違うので気を付けなければいけません。

厄年の数え方は一般的には数え年になります。

上手に厄払いをして厄災いを避けてください。

 

次に、厄年の意味・厄年の男女の年齢・厄払いの方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

厄年(やくどし)

 

mig

 

厄年(やくどし)の意味は、厄災が多く降りかかるとされる年齢になります。

厄年の年齢は男性と女性では違うので、同年代の男女が一緒に厄祓い(厄払い)をすることはありません。

厄年の科学的な根拠は特にありません。

厄年の由来も不確かで、陰陽道由来ではないかという説があります。

科学的根拠や由来が曖昧な厄年ですが、平安時代にはすでに存在していたようです。

厄年は昔から根強く信じられている風習で、現代人も厄年には厄祓い(厄払い)をする人が多くいます。

仕事・恋愛・健康などの不調を、厄年だからしょうがないと諦める人も多いようです。

厄年は男性と女性では違うだけでなく、前厄・本厄・後厄があるので厄祓い(厄払い)するときにはよく確かめてください。

 

男性と女性の厄年

 

61mig

 

厄年の意味は、厄災が多く降りかかることが予想されるので気を付けなければいけない年齢になります。

次に、男性と女性の厄年を紹介します。

男性の前厄は、24歳・41歳・60歳です。

女性の前厄は、18歳・32歳・36歳です。

男性の本厄は、25歳・42歳・61歳です。

女性の本厄は19歳・33歳・37歳です。

男性の後厄は、26歳・43歳・62歳です。

女性の後厄は、20歳・34歳・38歳です。

本厄は気をつけなければならない年齢になります。

特に本厄の男性42歳・女性33歳は大厄と呼ばれて、凶事や災難に遭う率が非常に高い年齢とされています。

男性の42歳と女性の33歳は十分な警戒が必要なようです。

 

厄祓い(厄払い)

 

厄年の意味は凶事や災難が多く降りかかる年齢になります。

男性と女性の厄年の年齢では、男性42歳・女性33歳が最も警戒が必要になります。

厄年の数え方や厄払いの行事については、地域や寺社によって違います。

一般的に厄年の年齢は数え年を用います。

川崎大師は数え年ではなく満年齢で厄年を計算しています。

地域や宗派によって違いますが、61歳の還暦を男女共通の厄年とすることもあります。

厄祓いは厄年に行うのが一般的です。

厄祓いには、日々の生活で少しずつ溜まった「日常厄」を祓うこともあります。

厄を避ける厄祓いは、「厄除け(やくよけ)」・「厄落とし(やくおとし)」などとも呼ばれます。

厄祓い(厄払い)は、通常は寺や神社などにお願いします。

お祓いの専門家にお願いする厄祓い(厄払い)もあります。

日常厄を寄せ付けない厄除けを身に付ける厄祓い(厄払い)の方法もあります。

 


PAGE TOP