ノルアドレナリンを増やす方法※ノルアドレナリンを増やす食べ物は?

Sponsored Link

ノルアドレナリンを増やす方法を知っていればストレスに強くなれます。

ノルアドレナリンは神経伝達物質(ホルモン)の一種で、ドーパミンやセロトニンと並べて3大神経伝達物質と言われます。

自律神経には働きかけて脳や体を覚醒させる働きがあるので、ノルアドレナリンが少ないとストレスに弱くなると言われています。

ノルアドレナリンの不足は怒と哀の感情が強く働くのでQOL(生活の質)が低下します。

ノルアドレナリンは、アドレナリンの前駆物質とされています。

ノルアドレナリンの働きには人間の意識や思考の活性化があります。

ノルアドレナリンは、脳内ホルモンとも呼ばれます。

不安や恐怖、怒り、生命の危機を感じたときに分泌されるホルモンになります。

ノルアドレナリンに似た言葉にアドレナリンがあります。

アドレナリンはストレス反応の中心的な役割を果たすホルモンです。

交感神経が興奮したときに出るホルモンになります。

 

次に、ノルアドレナリンや増やす方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

ノルアドレナリン

 

o0418041712820471631

 

ノルアドレナリンを増やす方法を覚えれば仕事にも活かせます。

ノルアドレナリンがほどよく分泌されれば適度な緊張感により、いろいろな場面での集中力やパフォーマンスをアップさせられます。

仕事のプレゼンテーションなどで経験したストレスを学習・記憶して、次の場面でストレスを受けたとき、順応させる効果が期待できます。

「性格形成ホルモン」とも呼ばれるノルアドレナリンの分泌が適度に行われれば、ストレス耐性や判断力が養われて危機的場面で力を発揮したり、スムーズにリーダーシップ力を出せます。

 

ノルアドレナリンを増やす方法

 

sy_149

 

ノルアドレナリンを増やす方法には食事があります。

ノルアドレナリンが不足するとストレスに弱くなります。

やる気や好奇心などの物事への関心が減衰して注意力・判断力が低下します。

不足状態が継続すると「うつ病」などの発症リスクにもなります。

ノルアドレナリンが体内で生成されるのに必要な栄養素は、必須アミノ酸のフェニルアラニンとビタミンCです。

必須アミノ酸は人の体内では生成できません。

必須アミノ酸は食事から摂取する必要があります。

フェニルアラニンを多く含む食材は、大豆製品・乳製品・チーズ・卵・肉類・魚介類・かぼちゃ・アーモンドや落花生などのナッツ類なります。

ノルアドレナリンを体内で生成するためにはビタミンCも必要です。

ビタミンCが不足するとフェニルアラニンがあってもノルアドレナリンをうまく生成できません。

 

ノルアドレナリンをビタミンCで増やす方法

 

ノルアドレナリンを食事で増やす方法では、必須アミノ酸とビタミンCを含んだ食材を使った料理を食べることです。

必須アミノ酸のフェニルアラニンは大豆製品・乳製品・ナッツ類・肉魚介類・かぼちゃに含まれています。

ビタミンCは、・レモン・イチゴ・キウイ・夏季・みかん・パセリ・ピーマン・かぼちゃなどに含まれています。

かぼちゃには必須アミノ酸のフェニルアラニンとビタミンCが含まれているので、ノルアドレナリン不足予防にはかぼちゃ料理が良さそうです。

 

 


PAGE TOP