120年に一度しか咲かない竹の花の特徴。幸運の前触れ?凶兆?

Sponsored Link

竹の花は120年に一度しか咲かないというのを聞いたことがあります。

本当に、竹の花は120年に一度しか咲かないのでしょうか。

長い間咲かない花であれば、咲く時間帯を見つけるのも難しそうです。

竹の花は幸運の前触れでしょうか、竹の花は凶兆だという説も気になりますね。

竹の花の花言葉なども知っていると役立ちそうです。

「竹」は気候が温暖で湿潤な地域に分布しています。

アジアの温帯・熱帯地域で多くなっています。

茎(稈)の丈は「マダケ」などになると20mを超えます。

茎(稈)はとても強く大きくしなっても簡単には折れない特徴があります。

乾燥が十分な茎(稈)は、硬さと柔軟さを備えているので様々な用途に使われてきました。

竹細工の材料・建材や、繊維を利用した竹紙などもあります。

竹は、竹酢液や竹炭としても利用されています。

竹は、通常は地下茎を広げることによって生息域を広げています。

竹類は成長力が強いのが特徴で、ピークの時は1日で1m以上成長します。

 

次に、竹の花のこと・竹の花は幸運?・竹の花は凶兆?・竹の花の花言葉、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

竹の花

 

takehana1

 

竹(タケ)は、イネ目・イネ科・タケ亜科に属する植物で「木」のように茎(稈)が木質化する種になります。

「竹」はイネの仲間ですから、発芽してから長い年月は地下茎によって繁殖を続けます。

竹は、ある一定の時期に達すると花を咲かせて種子を実らせて一生を終えます。

竹の花が咲くことは極めてまれだとされています。

竹の花が咲く時期は、4~5月にかけてになります。

一部のタケ類には、周期的に開花して一斉に枯れることが知られています。

開花周期は極めて長く、「ハチク」・「マダケ」の場合は約120年周期であると推定されています。

竹の開花の周期は、分からない種類も多くなっています。

日本の「モウソウチク」では、種をまいてから67年後に一斉に開花・枯死した例が記録されています。

竹の種類によって開花周期に幅が見られています。

一般的な竹の開花周期は、約60~120年ではないかと考えられています。

次に、竹の花は幸運?・竹の花は凶兆?・・竹の花の花言葉、などの紹介をします。

 

竹の花は幸運の前触れ?

 

take

 

竹の花の開花周期は、約60~120年ではないかと考えられています。

竹の花は幸運の前触れなのでしょうか。

竹の開花は「竹の死病」といわれるほどで、竹林がまるまる消えてしまいます。

竹の花は幸運の前触れというよりも凶事の前触れと恐れられていたようです。

竹の花は凶兆の象徴にされていたようです。

 

竹の花の花言葉

 

竹の花の開花周期は極めて長いのが特徴です。

竹の花は幸運の前触れではなく凶事の前触れだと考えられていました。

竹の花は凶兆の象徴として恐れられてもいましたが、竹は種族の保存のために危機に瀕した時に花を咲かせるという説もあります。

竹については、成長速度・開花周期・植物学の分類・寿命、など不明なことが多いとされています。

竹の花の花言葉には、「節度」・「節操のある」などがあります。

英語での竹の花の花言葉には、「忠誠・忠義」・「強さ」・「不動」などがあります。


PAGE TOP