なんでプールで水泳帽をかぶる? 海外のプールでもかぶる?

Sponsored Link

屋内プールでは水泳帽をかぶるのが決まりになっていることが多いようです。

プールで水泳帽をかぶる理由を知っていますか。

プールで水泳帽をかぶる理由を子供に聞かれたときに困らないように知っていたほうがよさそうです。

プールの英語表記は「swimming pool」になります。

英語の「swimming pool」は水泳用のプールを指しています。

英語の「pool」は水たまりの意味になります。

プールは、水泳の競技や練習・泳法技術の習得・潜水技術の習得・水遊びなどのレクレーション・水中ウォーキングのような運動などの目的で作られている施設です。

主に学校・各種体育施設・保養施設・民間のスイミングクラブ・フィットネスクラブ・レジャー施設・高級ホテル・豪華客船・個人住宅等に備えられています。

水泳の競技には、競泳・水球・アーティスティックスイミング・飛び込みなどがあります。

プールなどの施設は、水泳競技やレクレーションに合わせた規模や形状になります。

日本語でプールを数えるときの単位は「面」になります。

多人数で使用する大規模施設のプールだけでなく、幼児が遊ぶ1~数人用の遊具のビニールプールもあります。

「天然プール」と呼ぶ、清流を一時的に堰き止めた水遊び場がある地域もあります。

 

次に、水泳帽とは・プールで水泳帽をかぶる理由・海外のプールでは、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

水泳帽

 

PAK96_suieiboudanshi20140726_TP_V

 

水泳帽の英語表記は「Swim cap(スイムキャップ)」です。

日本語表記でも、スイミングキャップ・水泳キャップなどとも呼ばれることがあります。

水泳帽(スイムキャップ)の素材にはいろいろな種類があります。

主な素材には、水着と同じ素材のトリコット・メッシュ・シリコン・シリコンコーティング・ラテックスなどがあります。

水泳競技での競技の中の水球キャップには、耳を保護するイヤーガードが付いています。

水球競技では、泳者の混同を避けるため両チームの水泳帽(スイムキャップ)の色を変えています。

競泳では、水泳帽(スイムキャップ)について日本水泳連盟の競技規則があります。

日本水泳連盟の競技規則では、「ゴーグルおよびスイミングキャップ(水泳帽)は着用してもよい」とされていて、水泳帽(スイムキャップ)の着用は任意になっています。

マスターズ水泳でも水泳帽(スイムキャップ)の着用は任意になっています。

マスターズ水泳では、「水着、キャップ、ゴーグルは見苦しくないものでなければならない。また、人に不快感を与えるようなものをつけてはならない」とされています。

最近は、構造的に水の抵抗を抑えてスピードの向上を目指す水泳帽(スイムキャップ)も開発されてきているようです。

次に、プールで水泳帽をかぶる理由・海外のプールでも水泳帽をかぶる?などの紹介をします。

 

プールで水泳帽をかぶる理由

 

40c44faeeaade360c192fcddfb51c6d2_t

 

日本では、プールを使用する時に水泳帽(スイムキャップ)をかぶることが決められていることがあります。

水泳時に水泳帽(スイムキャップ)を着用するよう義務付けている施設には屋内プールがあります。

プールで水泳帽(スイムキャップ)をかぶる理由には、頭髪の抜け毛によるプールの循環装置(濾過装置)への悪影響予防策などがあります。

年間を通して利用者数が多い屋内プールなどでは、プールの循環装置への管理目的で水泳帽(スイムキャップ)をかぶるように決めていることも多いようです。

学校の水泳の授業などでは、水泳指導時の事故予防目的もあります。

目立つ色の水泳帽(スイムキャップ)にしたり、目印を付けたりすることで、水泳指導者の見落としを防ぎます。

目立つ色や目印をつけることで、児童・生徒の水事故を考慮した安全確保が向上します。

次に、海外でも水泳帽(スイムキャップ)をかぶる?の紹介をします。

 

海外でも水泳帽をかぶる?

 

学校のプールで水泳帽(スイムキャップ)をかぶる理由は、水泳指導時の事故予防目的があるようです。

屋内プールで水泳帽(スイムキャップ)をかぶるのは、プールの循環装置への管理目的があるようです。

海外ではプールで泳ぐときには、水泳帽(スイムキャップ)をかぶる決まりはありません。

海外のプールを利用する時には、周りを見渡して水泳帽(プールキャップ)をかぶるか否かを決めるのが適切です。


PAGE TOP