ドアをノックする回数の意味。海外のトイレ、ホテルのノックの回数等

Sponsored Link

ドアをノックする回数は何回にしていますか。

ビジネスシーンやホテルでの会議などの場合に、ドアノック回数を間違うとマナー違反になります。

ビジネスシーンや知らない相手に対して、トイレノックをしていませんか。

海外のドアノックのプロトコルマナーを知ることは大切です。

 

次に、ドアをノックする回数・ホテルでのノック回数・トイレノック回数・日本でのノック回数・海外のトイレ、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ドアのノック回数

 

knock_man

 

ドアをノックする回数には国際的に基準があります。

国際的な基準のことをプロトコルマナーと言いますが、ドアノックの回数にもプロトコルマナーがあります。

海外の企業やホテル会議などで入室するときには、プロトコルマナーを守ったノックにするようにしたほうが良いですね。

トイレノック回数も海外でのプロトコルマナーがあるようです。

海外でのビジネスシーンや日常生活の中で、礼儀が必要とされる場合のドアノックのプロトコルマナーは4回以上です。

日常生活で、家族などの親しい相手に対してのドアノックのプロトコルマナーは3回になります。

海外でのトイレノックのプロトコルマナーは2回になります。

次に、日本でのドアをノックする回数・ホテルのドアノック回数間違っていませんか?・トイレノックは海外ではNGです、などの紹介をします。

 

日本のドアノック回数 

 

white girl knocking

 

世界でのドアをノックする回数のプロトコルマナーは4回以上です。

海外のホテルなどで、礼儀が必要な場面ではドアノックの回数を日本にいる感覚で行うとNGになります。

日本のドアノック回数は海外ではトイレノックになる場合があります。

海外では2回ノックはトイレノックになります。

日本ではドアノックを2~3回にしている人が多いようです。

日本でのドアノックはビジネスシーンでは3回が標準のようです。

ビジネスシーンでは4回は煩わしい感じる日本人が多いのかもしれません。

会社面接などでも、3回のドアノックはマナー違反にはならないとされています。

海外でのドアノックのプロトコルマナーは4回ですが、ノックの習慣に慣れていない日本ではうるさいと感じる人が多いので3回のドアノックが無難ですね。

プロトコルマナーの4回のドアノックにこだわりたいときには、リズムを変えればうるさく感じることはありません。

2回×2回のドアノックにします。

トン・トン、トン・トンとリズムを変えれば、相手に煩わしさを与えなくて良さそうです。

 

海外に出張したら

 

ドアをノックする回数は、海外に出張したら世界のプロトコルマナーを守ってください。

ホテルにビジネス相手を訪ねた時に、日本にいるようなノック回数では違和感を与えてしまいます。

日本ではドアノックを2回にしている人がいますが、それはトイレノックです。

海外に出張して2回のドアノックでは不快感を与えてしまいます。

海外に出張したら、キチンと世界のプロトコルマナーを守りましょう。


PAGE TOP