雨の日に訪問する際のビジネスマナー。濡れた傘、服はどうする?

Sponsored Link

ビジネスマナーで気を付けなければいけないことはたくさんあります。

他者を雨の日に訪問する時のビジネスマナーは大切です。

雨の日の訪問マナーを間違うと、相手に失礼になるので注意が必要です。

社会人として気を付けなければいけないビジネスマナーは、雨の日の訪問マナーだけではありません。

・来客応対・お客様へのお茶の出し方・電話の応対・名刺交換・着座での上座と下座

・挨拶の仕方・笑顔のつくりかた・身だしなみ・言葉遣い・話の聞き方

・応対中の態度や姿勢・メールでのマナー・クレームでの応対・支持の受け方

・報連相・報告の仕方・など、たくさんあります。

 

次に、訪問時のビジネスマナー・雨の日の訪問のビジネスマナー・雨の日の訪問マナーで特に気を付けることなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

他社訪問

 

uketuke

 

他社訪問時のビジネスマナーで気を付けることは、訪問の事前準備・遅刻・建物に入る前・受付での挨拶・応接室では・先方の担当への対応・お茶を出されたとき・退室の仕方、などがあります。

他社訪問では事前準備が大切です。

先方への交通手段・必要交通時間・電車の時刻や乗り継ぎなどは、事前にシッカリ調べておきます。

インターネットを活用して、交通機関の発着時刻・乗り継ぎ情報などを調べておきましょう。

先方でのプレゼンや会議用の資料や書類などは、前日に手順を確認しておくことで忘れ物を防げます。

当日に準備する行為は、思わぬアクシデントの原因になるので厳禁です。

先方への訪問準備ができれば、心の準備もOKです。

次に、雨の日の訪問のビジネスマナー・雨の日の訪問マナーで特に気を付けることなどを紹介します。

 

雨の日のビジネスマナー

 

3afd07f996a35b3c30d9303cc5d96afc_s

 

雨の日のビジネスマナーのポイントは6つあります。

・ビニール傘を使わない

・傘は建物の外で静かに閉じる

・傘の置き場所を確認して、正しく置く

・レインコートは建物の外で脱ぐ

・足者と汚れや濡れには注意する

・髪が乱れていないかチェックをする、などです。

ビニール傘でもかまわないのでは?という疑問がある人もいると思います。

ビニール傘は安っぽい印象を相手に与えてしまうので、ビジネスシーンではおススメできません。

天候が不安定な時期には、ビジネス用の無地の折りたたみ傘と、濡れた衣服の水分や泥汚れの拭き取り用のタオルの携帯をおススメします。

次に、雨の日の訪問マナーで特に気を付けることなどを紹介します。

 

雨の日に気を付けるべき訪問マナー

 

雨の日のビジネスマナーの中で注意することは遅刻です。

遅刻は社会人としてマナー違反になります。

約束の時間に遅れるのなどはNGです。

雨の日でも、先方は準備して待っています。

訪問するあなたを迎える準備をして待っています。

雨の日のために交通機関の遅延があったとしても、遅刻は相手の気持ちを裏切る行為になります。

遅刻は仕事に対する姿勢も疑われてしまうので、約束の時間に遅れる場合は必ず電話を入れてください。


PAGE TOP