朝焼けと夕焼けの違い。写真で見分ける方法はある?小焼けは何?

Sponsored Link

「朝焼け」と「夕焼け」の違いを知っていれば、「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方もわかりますね。

夕焼け小焼けという童謡がありますが、「小焼け」は「夕焼けとは違うのでしょうか。

都会に住んでいる普通のサラリーマンは、「夕焼け」・「朝焼け」を見る機会は少ないのですね。

会社やマンションのビルの窓からは見えにくいというのもありますが、朝焼けの時間は出勤支度で忙しくて、夕焼けの時間は仕事が忙しくてゆっくり眺める時間はありません。

サラリーマンでも外での業務が多い場合は、「夕焼け」を見る機会も増えます。

最近は、残業削減の業務スタイルになっているので、就業間際の会社の窓から見る機会や、帰宅途中の電車の中から見る機会が増えた人もいるかもしれません。

遠距離通学・遠距離通勤をしている人は、頻繁に「朝焼け」を見ているという人もいます。

でも、「朝焼け」を見るのは、元旦の初日の出くらいだという人も多くいます。

あまり見る機会が少ない人は、「夕焼け」や「朝焼け」を見てみても、それぞれの違いを改めて考えることは少ないのではないでしょうか。

「夕焼け」と「焼け」は、方角や時間帯だけでなく眩しさも違うようです。

 

次に、「朝焼け」と「夕焼け」の違い・「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方・夕焼け小焼けは違う?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

朝焼け

 

691515009_1fc40a8b0a_o

 

「朝焼け」と「夕焼け」の違いを分かるために「朝焼け」の概要を紹介します。

「朝焼け」とは、日の出のときに東の空が紅黄色に染まる現象になります。

「朝焼け」は雨の前兆と言われています。

「朝焼け」は、日の出時の太陽光線が最も厚い大気の層を通過して地上に達した時の赤い色です。

散乱光の強さは入射光の波長の 4乗に反比例します。

波長の長い赤色が最後まで散乱されずに残るので、「朝焼け」と呼ばれる赤い空になります。

次に、「夕焼け」のこと、「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方・夕焼け小焼けは違う?などの紹介をします。

 

夕焼け

 

IMGP2029

 

「朝焼け」と「夕焼け」の違いを分かるために「夕焼け」の概要を紹介します。

「夕焼け」は、日の入りのときに、西方の地平線に近い空が燃えるような赤紅色に染まる現象のことです。

「夕焼け」も、大気中を進む光が空気分子によって散乱されるために生じます。

日の入り時の太陽光は厚い大気の層を通過することから、途中で波長の短い紫や青色の光は散乱されてしまいます。

厚い大気の層を通過する時に残った赤色光が空を赤くします。

次に、「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方・夕焼け小焼けは違う?などの紹介をします。

 

「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方

 

「朝焼け」と「夕焼け」の見分け方では、地平線の方向がポイントになります。

「朝焼け」は、東の空を紅黄色に染めます。

「夕焼け」は、西の空を赤紅色に染めます。

「夕焼け」は比較的赤色が強く、ぼんやりとした輪郭が特徴です。比較的眩しさが少なく、濃い赤色です。

「夕焼け」は、短歌では夏の季語になっています。

「朝焼け」は比較的赤色が薄くて地表に届く日光は強めになっています。

「朝焼け」は「夕焼け」の時よりも散乱せず、地表にまっすぐ届きます。

その為、赤色が薄いことが多く、地表に届く光が強いので光を眩しく感じます。

夕焼小焼は、大正8年(1919年)に発表された中村雨紅の詞に、草川信が大正12年(1923年)に曲をつけた童謡です。

小焼けには特に意味はないようです。


PAGE TOP