ベートーベンの肖像画を描いた画家は誰?肖像画の顔が怖いワケ

Sponsored Link

ベートーベンの肖像画の顔が怖いワケを知っていますか?

ベートーベンの肖像画を描いた画家を知っていますか。

ベートーベンの正式な名前は、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」です。

ドイツの作曲家・ピアニストになります。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、「J・S・バッハ」などと並んで音楽史上きわめて重要な作曲家だとされています。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのことを、日本では「楽聖」とも呼んでいます。

ベートーベンが作曲した作品は、古典派音楽の集大成でロマン派音楽の先駆けだとされているようです。

ベートーベンは作曲家としての名声が高いですが、20代頃まではピアノの即興演奏の名手として広く名声を博していたようです。

作曲家としての名声が高まるのは、持病の難聴が徐々に悪化し始めた頃からになります。

ベートーベンの難聴が悪化し始めるのは20代後半頃からになります。

28歳頃には最高度難聴者となっていたようです。

40歳頃からは全聾になっただけでなく、持病の腹痛や下痢に苦しめられていたとされています。

しかし、全聾になってから作曲された作品群は素晴らしく、交響曲第9番・ピアノソナタ・弦楽四重奏曲などの作品群など有名曲がたくさんあります。

 

次に、ベートーベンの有名な曲・ベートーベンの肖像画の顔が怖いワケ・ベートーベンの肖像画を描いた画家などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

ベートーベンの有名な曲

 

publicdomainq-0000383

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作品の曲は、交響曲・管弦楽曲・協奏曲・室内楽曲・ピアノ曲・オペラ、劇付随音楽・声楽作品・宗教曲・歌曲、などに分けられます。

交響曲には、

・第1番 ハ長調・第2番 ニ長調・第3番 変ホ長調 ・第4番 変ロ長調

・第5番 ハ短調 (運命)・第6番 ヘ長調「田園」・第7番 イ長調

・第8番 ヘ長調・第9番 ニ短調 (合唱付き)、などがあります。

ベートーベンに歌曲の作品があるのを知らない人も多いのではないでしょうか。

ベートーベンの作品のなかの歌曲には、

・アデライーデ・汝を愛す・鶉の鳴き声・新しい愛、新しい生

・口づけ・追憶・懺悔の歌・モルモット(旅芸人)・連作歌曲集「遥かなる恋人に寄す」

・曇りのち、快晴、などがあります。

次にベートーベンの肖像画の顔が怖いワケ・ベートーベンの肖像画を描いた画家などについて紹介します。

 

ベートーベンの肖像画を描いた画家

 

publicdomainq-0000038

 

ベートーベンの肖像画の顔が怖いワケを知っていますか。

ベートーベンの肖像画を描いた画家は複数いますが、肖像画はほとんど怖い顔ですね。

ベートーベンの肖像画を描いた画家には、

・「W・J・メーラー」・「ヨーハン・ナイドル」・「ホルネマン」・「イージドール・ノイガス」

・「ヘーフェル」・「ヴィリボード・ヨーゼフ・メーラー」・「ヨハン・クリストフ・ヘッケル」

・「フェルディナント・シモン」・「シュテファン・デッカー」・「ルイ・レトロンヌ」

・「アウグスト・フォン・クレーバー」・「ヨーゼフ・シュティーラー」などがいます。

学校の音楽室に置かれているのは、ヨーゼフ・シュティーラー作の肖像画が多いようです。

 

ベートーベンの肖像画の顔が怖いワケ

 

ベートーベンの肖像画の顔が怖いワケは、朝食が不味かったからという説があります。

朝食に食べたマカロニのチーズ和えがとても不味かったようです。

家政婦が作ったマカロニのチーズ和えが失敗したことを許せませんでした。

マカロニのチーズ和えが不味いという単純な理由で、肖像画の顔が怖くなったのはチョット残念ですね。

怖い顔をそのまま描いてしまった画家もチョット残念なような気がします。


PAGE TOP