タクシーで忘れ物をした時の対応。どこに取りに行く?届けてもらう?

Sponsored Link

タクシーで忘れ物をした時には、どこに取りに行くか知っていますか?

タクシーで忘れ物をした時の対応方法を知っていれば役立ちますね。

タクシーでの忘れ物を届けてもらうことはできるのでしょうか。

忘れ物を届けてもらうときの料金などがあるのかも知っていれば役立ちそうです。

タクシーの英語表記は「taxi」になります。

タクシーは、個別契約で旅客輸送を行う公共交通機関や、その車両などになります。

タクシーを利用するには、お客が運転手に乗車の申し込みを行います。

乗車の申し込みを指定できるのは、横断歩道前後や交差点付近などの法令違反にならない場所になります。

一般的にタクシーという場合は陸上の自動車ですが、離島などでは船舶を水上タクシーとして利用する場合もあります。

通常は、駅・空港・港湾・観光地・市街地などに設置されたタクシー乗り場から乗車して利用します。

高級ホテルやレストランなどには、タクシー乗り場があります。

ホテルやレストランなどでは、利用者の求めに応じてタクシーを呼び出してくれるサービスを行っているところが多いようです。

日本の都市では、タクシーが空車で走行する流し営業も行われています。

流し営業のタクシーで利用できるのは、空車表示のタクシーになります。

空車表示のタクシーを見つけたら、タクシーに向かって挙手すれば乗車できます。

乗車したら、タクシー運転手に地名や主要建物名称などを告げれば目的地に向かうことができます。

 

次に、タクシーのこと・タクシーでの忘れ物はどこに取りに行く?・タクシーで忘れ物をした時の対応は・タクシーでの忘れ物を届けてもらうには?、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

タクシーのこと

 

publicdomainq-0009433dbrhqc

 

タクシーを利用するときには、お客が運転手に所定の場所までの乗車の申し込みを伝えます。

目的地に到着したら、運転手に運賃を支払えば個別輸送の契約は完了します。

タクシーの運賃料金には2種類あります。

メーター制と交渉制です。

メーター制は、走行距離や乗車時間から運賃を自動的に計算して走行距離分の運賃を支払います。

交渉制は、乗車前に運転手との運賃交渉によって料金を決めます。

日本のタクシーには、車内に料金メーター(タクシーメーター)があります。

走行距離や時間に応じて料金が加算される運賃システムになっています。

日本のタクシーには初乗り運賃があります。

降車時に、料金メーターに表示されている運賃を現金やクレジットカードなどで支払います。

メーター制は、公平・明朗な料金収受方法として多くの国で標準的な方式になっています。

次に、タクシーでの忘れ物はどこに取りに行く?・タクシーで忘れ物をした時の対応は・タクシーでの忘れ物を届けてもらうには?、などの紹介をします。

 

タクシーでの忘れ物をどこに取りに行く?

 

ryosyu-300x300

 

タクシーに忘れ物をしたことはありませんか?

タクシーに忘れ物をした時のために、どこに取りに行くのか調べておくと役立ちますね。

タクシーに忘れ物をした時の対応方法を知っていれば役立ちます。

タクシー内での落とし物・忘れ物対策で大切なのは、精算時にもらったレシート(領収書)です。

レシートにはタクシー会社の名前と連絡先番号が必ず記載されています。

忘れ物を速やかに確認してもらう為には、乗車日時・乗車場所・下車場所・落し物・忘れ物などの内容を知らせることが必要です。

忘れ物をしたのに気が付いたら、覚えているうちにメモしてからタクシー会社に電話します。

レシートを紛失したり、もらい忘れたりして自分が乗ったタクシー会社がわからない場合は、各都道府県のタクシーセンターに連絡します。

タクシーの特徴からタクシーを探すことも可能です。

タクシー内での落とし物・忘れ物に関しては、警察に届いている可能性があります。

警察に遺失届を提出するのも大切です。

次に、タクシーに忘れ物をした時に、届けてもらうことはできる?などの紹介をします。

 

タクシーでの忘れ物を届けてもらうには?

 

タクシーに忘れ物をした時に取りに行く方法や、タクシー内に忘れ物をした時の対応方法では、運賃支払い時に貰ったレシート(領収書)を確認して連絡します。

タクシー車内での忘れものは、持ち主からの問い合わせに備えて一定期間タクシー会社の車庫(営業所)で保管されます。

一定期間を過ぎると、警察署へ拾得物として届けられます。

タクシー内の忘れ物を届けてもらうことができるのは、レシートや領収書などでタクシー会社が分かっている場合と、一定期間内であることが必要になります。

タクシー内の忘れ物のお届け代金については明確な法的根拠は定められていません。

「お届け代金」が定められていないので、乗務員が届けた分の料金を請求することは出来ません。

タクシー内の忘れ物は、自分でタクシー営業所や警察署に取りに行くのが適切です。


PAGE TOP