スターフルーツの旬の時期、栄養価、食べごろ、食べ方

Sponsored Link

スターフルーツは、切り口が星のようになる果物です。

名前の由来にもなっている星のような形がスターフルーツの特徴です。

スターフルーツの原産地は、南インド・東南アジアなどです。

日本ではあまり知られていない南国フルーツになります。

スターフルーツは栄養豊富な果物です。

スターフルーツは、美容効果や健康効果が期待できます。

スターフルーツを食べるタイミングは黄色くなったときです。

スターフルーツは熟すと果皮が黄色くなります。

 

次に、スターフルーツのこと・スターフルーツの旬・スターフルーツの栄養とカロリー・スターフルーツの食べ方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

スターフルーツ

 

3b5b0549709734ef28a21061483d9f22_t

 

スターフルーツの旬(収穫期)の時期は1年に2回あります。 

秋季の9~11月がスターフルーツの旬の時期です。

冬季~初春の1~3月もスターフルーツの旬の時期になります。

スターフルーツが栽培されている地域は、南国と言われる熱帯から亜熱帯になります。

日本でも沖縄県で栽培が行われています。

沖縄県産のスターフルーツの旬の時期も、9~11月の秋季と1~3月の冬季から初春の2回になります。

海外産のスターフルーツは、年間を通して収穫されているので、近年ではスーパーマーケットや八百屋さんの店頭で1年中見かけます。

次に、スターフルーツの栄養成分・スターフルーツの食べ方などの紹介をします。

 

スターフルーツの栄養

 

c2cc46d0c28df984fdb0d3abde026733_t

 

スターフルーツの旬(収穫期)の時期は秋季と冬季から初春の2回あります。 

スターフルーツに含まれている栄養成分では、ミネラル類のカリウム・ビタミン類のビタミンC・食物繊維のペクチンが豊富です。

ミネラル成分のカリウムは、細胞の浸透圧の調整や筋肉の収縮などに関係しています。

高血圧の予防やむくみなどの改善などにカリウムが役立ちます。

カリウムは、体内の水分量の調節に非常に大切な働きをしています。

スターフルーツには抗酸化作用があるビタミン類のビタミンCも含まれています。

ビタミンCは、アンチエイジングに有効なビタミンだと知られています。

ビタミンCには強い抗酸化作用があるので、老化の原因となる活性酸素を除去してアンチエイジングに役立ちます。

ビタミンCには、シミの原因となるメラニンの生成抑制や免疫力アップの働きがあります。

スターフルーツに含まれている食物繊維のペクチンには、コレステロール抑制・糖尿病・動脈硬化・肥満・便秘などの改善が期待できます。

ペクチンには、腸内の善玉菌を増やして腸の調子を整える働きがあります。

次に、スターフルーツの食べ方を紹介します。

 

スターフルーツの食べ方

 

スターフルーツの旬は1年に2回あります。

スターフルーツに含まれている栄養では、カリウム・ビタミンC・ペクチンが豊富です。

スターフルーツの食べ方を紹介します。

熟すと黄色くなったらスターフルーツの食べごろです。

熟成度が低い黄緑色のものは、甘みが少なく酸味が強いので、サラダやピクルスにおススメです。

食べごろまで追熟させて黄色が強くなってきたら美味しくなります。

スターフルーツは皮も食べられます。

皮は剥かないで、ナイフで軽く角と両端を取ったらあとは5mm程度にスライスしてください。

スライスしたままでも美味しく食べられます。


PAGE TOP