学校のプールで日焼け止めを禁止している理由。子供の紫外線対策

Sponsored Link

学校のプール授業での日焼け対策に悩んでいる子供やママも多いのではないでしょうか。

多くの学校のプール授業では日焼け止め禁止にしているケースが多いと考えられます。

日焼け止め禁止 を決めている校則の理由は、水質汚濁・環境汚染でしょうか。

日焼けの原因である紫外線は、身体に悪影響を与えるとされています。

紫外線による健康被害については多くの研究データが発表されています。

紫外線が関係しているリスクには急性と慢性があります。

紫外線を原因とした急性のリスクには、日焼け(サンバーン・サンタン)・紫外線角膜炎(雪目)・免疫機能低下などがあります。

紫外線を原因とした慢性のリスクには、「皮膚」に関するものと「目」に関するものがあります。

紫外線を原因とした慢性的な皮膚へのリスクには、シワ(菱形皮膚)・シミ・日光黒子・前がん症(日光角化症・悪性黒子)・皮膚がん、などがあります。

紫外線を原因とした慢性的な目へのリスクには、白内障や翼状片などがあります。

紫外線を原因とした慢性的な皮膚へのリスクである皮膚がんについては、日本人をはじめとした有色人種は白色人種に比べて影響が少ない研究結果がでています。

皮膚には紫外線から身体を守る仕組みが備わっています。

最も強力な光線防御は色素細胞がつくるメラニン色素です。

メラニンには、紫外線・可視光線・赤外線を吸収して「DNA」へのダメージを少なくする働きがあります。

メラニンが多いほど肌の色は黒くなって、紫外線への抵抗力があります。

日本人の多くは紫外線を浴びると赤くなって、その後数日して褐色になります。

日本人でも色白タイプで、日光にあたると赤くなりやすく、黒くなりにくい人は紫外線対策が必要だとされています。

日本人でも色白の人は、紫外線を浴びすぎないようにしたり、日焼け止め対策は必要だと考えられます。

 

次に、学校のプールでの日焼け対策・学校のプールが日焼け止め禁止の確認・飲む日焼け止め・日焼け止め禁止の校則の理由、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

学校のプールでの日焼け対策

 

3445003

 

学校のプールの授業での日焼け対策に悩んでいる、子供やママも多いのではないでしょうか。

学校によってはプールの授業での日焼け止め禁止を取りやめたケースもあります。

学校のプールの授業での「日焼け止めの使用」については、いろいろな意見が出ているようです。

現在でも、日焼け止めの使用が認められている学校・日焼け止めの使用が認められていない学校など、いろいろです。

日焼け止めの禁止が校則で決まっている場合は理由を確認して、紫外線のリスクを問題提起したほうが良いという意見も多いようです。

学校の校則はスグには変わらないので、校則が変わるまでは紫外線対策が必要になります。

紫外線対策には、「ラッシュガードの着用」・「紫外線カットゴーグルの使用」・「飲むタイプの日焼け止めを利用する」などがあります。

ラッシュガードの着用やゴーグルの使用については、各学校での決まりがあるので事前の確認が必要になります。

 

飲む日焼け止め

 

img_db766615995a654a0444a3ff54a40c0c901190

 

学校のプールの日焼け対策には、ラッシュガード・ゴーグル・飲む日焼け止めなどがあります。

プールの授業での日焼け止め禁止については、父兄や子供たちからの紫外線によるリスクを訴えることが大切です。

日焼け止めを禁止している校則の理由を確認してリスクを訴えることも必要です。

校則が変わるまでは子供たち各自が紫外線対策を行う必要があります。

ラッシュガードやゴーグルについては、学校の決まりを確認する必要がありますが、飲む日焼け止めは校則や決まりには関係なく実施できます。

「飲む日焼け止め」は副作用があるのでは?と心配になりますが、皮膚科の医師も安全だと言っているようです。

「飲む日焼け止め」は安全性を認められたので販売されています。

皮膚科でも「飲む日焼け止め」を購入できます、試してはどうでしょうか。

 

日焼け止めの禁止の校則

 

学校のプールの授業での日焼け対策には「飲む日焼け止め」を試す方法もあります。

プールの授業での日焼け止め禁止については学校側でも対応に苦慮しているようです。

日焼け止め禁止を校則で決めている理由は、プールの水質に悪影響を与えるからです。

学校のプールで日焼け止めを禁止している理由には、

・水質濾過機への負担が大きくなること

・プールの排水は直接河川に排出されて環境汚染につながること、などがあります。


PAGE TOP