初孫の出産祝いの相場、ひ孫へのお祝い、祝儀の金額

Sponsored Link

初孫の出産祝いは嬉しい贈り物です。

初孫の出産祝いの相場は、婚家と実家では違うと言われますが、どのようになっているのでしょうか。

ひ孫の出産のお祝いの相場も気になりますね。

出産祝いを贈るときに注意すべきことはタイミングのようです。

娘や息子や孫から、妊娠の報告を受けると嬉しい気持ちを抑えきれなくなります。

スグにでもお祝いの品を贈りたいと考える人は多くいます。

出産予定日が近づくと、両親・兄弟・姉妹・祖父母など親しい身内であるほどワクワクします。

出産前に出産祝いを贈るのはNGとされています。

出産前に出産祝いを贈るのは避けてください。

母子ともに健康と診断されていても、万が一のこともあるので注意してください。

出産祝いは、出産後の母子の健康を確認した上で贈るのが常識とされています。

出産後スグに必要なベビーベッドなどを贈ることはマナー違反にはなりません。

産後は母子共に休養が必要なので、出産祝いは母子が無事に退院して落ち着いたころに贈るのが良いとされています。

 

次に、初孫の出産祝いの相場・ひ孫の出産のお祝いの相場などを紹介します。

 

スポンサーリンク

婚家の出産祝い

 

8ce391296310c44622d17ef5d1bd8cf8

 

初孫の出産祝いの相場は、婚家と実家では違うようです。

婚家の両親にとっては内孫になる赤ちゃんです。

内孫への出産祝いの金額は、多くなるのが一般的な傾向のようです。

現金の出産祝いの場合の相場は、10万円前後が目安になっているようです。

出産祝いとして、育児に必要な育児用品をお祝いにしてもかまいません。

育児用品を贈る場合は、赤ちゃんの両親との相談が大切です。

赤ちゃんの両親の家計も考慮して、値段が張る育児用品を受け持つのが良いですね。

ベビーベッド&寝具のセットや、ベビーダンス&ベビーカーなどです。

育児用品を贈る場合の相場は、現金の場合と同じく、予算は10万円前後にすればよいのではないでしょうか。

婚家に同居している場合の祝い金・祝いの品の相場は、5~10万円を目安にします。

次に、実家の結婚祝い・ひ孫の出産のお祝いの相場などの紹介をします。

 

実家の出産祝い

 

8302a

 

実家からの初孫の出産祝いの相場を紹介します。

実家からの出産祝いは、婚家からの祝い金や品物よりも、少し控え目にするのが基本です。

金額的に考えれば、婚家からの祝い金の目安が10万円前後なので、実家はそれ以内の金額の5~10万円未満の範囲になります。

昔の実家からはお祝いは、祝い着一式を贈っていたようです。

品物を贈る場合は、お祝い品がダブることも考えられるので、赤ちゃんの両親と話し合うことが大切です。

せっかくお祝いの品なので無駄のないようにしてください。

次に、ひ孫の出産のお祝いの相場を紹介します。

 

ひ孫の出産のお祝い

 

初孫の出産祝いの相場は、10万円前後が一般的なようです。

最近は長寿社会になっているので、ひ孫の出産祝いのお祝いをする機会がある高齢者も多いのではないでしょうか。

ひ孫の出産祝いの相場も、内孫か外孫かで少し差があるようです。

内孫の場合は5万円前後が相場のようです。

外孫の場合は3~5万円未満になるようです。

一般的には、年金暮らしの後期高齢者だと考えられるので、無理のない範囲内が適切です。


PAGE TOP