ヘスペリジンの効果や含まれる果物と食べ物

Sponsored Link

ヘスペリジンの効果・効能が注目されています。

ヘスペリジンは温州みかんなどの柑橘類に多く含まれています。

温州みかんなどの柑橘類の内果皮にはアルベドがあります。

アルベドは温州みかんの外果皮をむいたときに見える白い筋です。

みかんの白い筋のアルベドにはビタミンPが豊富に含まれています。

アルベド(白い筋)にはみかんの実の約300倍のビタミンPが含まれています。

ビタミンPはヘスペリジン・ルチン・エリオシトリン等の総称になります。

ビタミンPのヘスペリジンはみかん由来のポリフェノールになります。

ポリフェノールのヘスペリジンの効果には血流を改善する効果があります。

ポリフェノールにはヘスペリジンだけでなく、アントシアニン・レスベラトロール・イソフラボン・リグナン・クルクミン・カテキン・タンニンなどがあります。

一般的にポリフェノールには強力な抗酸化作用があるとされています。

抗酸化作用が強いポリフェノールが多い果物を食べて生活習慣病予防や美容に役立てませんか。

温州みかんのアルベド(白い筋)にはポリフェノールのヘスペリジンが多いので、みかんを食べるときにはアルベド(白い筋)を取らないで食べたほうが良さそうですね。

 

次に、ヘスペリジンと効果・効能を紹介します。

 

スポンサーリンク

ヘスペリジン

 

WS0000221

 

みかんのアルベド(白い筋)に豊富に含まれているビタミンPのヘスペリジンには、毛細血管の強化・動脈硬化予防・コレステロール値改善・ビタミンCを守る・花粉症改善・アトピー改善などに効果があるとされています。

生活習慣病が気になる人は、みかんのアルベド(白い筋)含まれるヘスペリジン(ビタミンP)を食べませんか。

毛細血管が減るとシミ・シワができやすくなるとされています。

年齢肌・年齢サイン予防には、毛細血管を強化するヘスペリジン(ビタミンP)が役立ちます。

みかんのアルベドに含まれるヘスペリジン(ビタミンP)をアンチエイジングに役立てませんか。

 

アルベド(白い筋)

 

20161117_183735

 

みかんのアルベド(白い筋)には、毛細血管の強化・動脈硬化予防・コレステロール値改善・ビタミンCを守る・花粉症改善・アトピー改善の有効成分が含まれています。

みかんのアルベド(白い筋)に豊富に含まれているビタミンP(ヘスペリジン)の効果・効能は生活習慣病予防・改善やアンチエイジングに役立ちます。

動脈硬化・脳血栓・心筋梗塞は生活の質(QOL)を低下させます。

みかんのアルベド(白い筋)を食べて健康・美容に役立ててください。

 

生活習慣病予防・骨密度低下抑制

 

みかんのアルベド(白い筋)に豊富に含まれているヘスペリジン(ビタミンP)の効果・効能では生活習慣病予防や骨密度低下抑制が注目されています。

生活習慣病とは、脳卒中・心筋梗塞・脂質異常症・肥満・高血圧・糖尿病です。

骨密度の低下は骨折につながります。

骨折による生活の質(QOL)の低下は急激に老化を進めます。

ヘスペリジンを摂取して、コレステロールや血圧低下や骨密度の低下抑制に役立ててください。


PAGE TOP