最後と最期の違い、意味、使い分け方法

Sponsored Link

「最後」の読みは「さいご」です。

「最期」の読みでは間違う人も多いようです。

「最期」の読みも「さいご」です。

「最後(さいご)」と「最期(さいご)」の意味の違いを子供から聞かれたらどのように答えますか。

「最後」と「最期」を使い分けるには、「最後」と「最期」の意味を知らなければいけません。

「最後」と「最期」の違いが分かれば安心して使用できます。

ビジネスシーンでも「最後」と「最期」の使い分けが必要な時がきます。

「最後」と「最期」の使い分けを間違わないように調べてみました。

 

次に、「最後」と「最期」の違い・最後と最期の意味や使い分けの紹介をします。

 

スポンサーリンク

最後

 

placard-pandasaikoubi

 

「最後」と「最期」の違いが分かるために「最後」の意味を紹介します。

「最後(さいご)」とは「おわり」のことです。

「最後」には、最も後であることの意味があります。

最後とは、最終・臨終・週末など物事の終わりになります。

最後の言葉を伝えると言われた場合、その場面や、その時の終わりの言葉の印象があるので、またその人に会うことは可能な印象を受けます。

「最後」という言葉は、全体の最後を表す言葉ではありません。

「最後」という言葉は、部分的な最後や、ある程度続いているものの終わりを指すこともあります。

 

最期

 

kitoku_gorinju

 

「最後」と「最期」の違いが分かるために「最期」の意味を紹介します。

「最期(さいご)」とは命の終わりの意味があります。

「最期」とは、死に際・臨終・滅亡・「いまわのきわ」になります。

最期(さいご)は最期(さいご)よりも、もっと重い印象がある言葉です。

最期の言葉を伝えると言われた場合、その言葉を伝えられた後にはその人には二度と会えないか死別する覚悟が必要になりそうです。

「最期」という言葉は、人の命や生涯関係する場面で用いられることが多いようです。

また、時代や勝負事に対しても「最期」という言葉を使います。

 

最後と最期の使い方

 

最後(さいご)と最期(さいご)の違いを知っていると役立ちます。

最後という言葉は“おわり”という意味ですが、全体の最後を表すのではなく、部分的な最後や、ある程度続いているものの終わりを表すことが多いようです。

「最期」という言葉も“おわり”の意味ですが、人の命や生涯関係する場面で用いられることが多いようです。

「最後」は物事の終わりに使うのに対して、「最期」は命や生涯の終わりを意味する時に使われます。

「最後」の使い方例では、「最後の問題」・「最後の仕事」・「最後のレース」などがあります。

「最期」の使い方では、「恩師の最期に立ち会う」・「悪の帝国の最期」などがあります。


PAGE TOP