舌が荒れる原因と治し方。荒れるのはビタミン不足?

Sponsored Link

舌の荒れに困っている人も多いようです。

舌の荒れの原因が分かれば、舌の荒れの治し方も分かりますね。

舌の荒れが気になったら病院での診察をおススメします。

舌の荒れの症状や予防を知っていれば役立ちます。

美味しい食事を楽しむためにも、生活の質(QOL)を下げないためにも、舌の荒れをそのままにしないでください。

 

次に、舌の荒れの原因・舌の荒れの治し方・舌の荒れの予防などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

舌の荒れの原因

 

n02-01

 

舌の荒れの原因には、外的要因と病気とアレルギーがあります。

外的要因を原因とした舌の荒れには、

・外傷・火傷・義歯・入れ歯・口の中の汚れ・亜鉛欠乏・ガルバニ電流などがあります。

舌の荒れの原因とされる病気には、

・アフタ性口内炎・カジンダ性口内炎・舌痛(ぜっつう)症

・口腔灼熱症候群(こうくうしゃくねつしょうこうぐん)

・舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう)・ドライマウス

・扁平苔癬(へんぺいたいせん)・白板症(はくばんしょう)

・ヘルペス性歯肉口内炎などがあります。

舌の荒れの原因がアレルギーの場合は、金属アレルギー・口腔アレルギー症候群などがあります。

次に、病気を原因と舌の荒れの治し方の紹介をします。

 

舌の荒れの治し方

 

dsc8736

 

舌の荒れの原因には、外的要因と病気とアレルギーなどがあります。

舌の荒れに気づいたら口腔外科や歯科病院での診察を受けてください。

舌の荒れは正しい治し方でないと、効果がないばかりか悪化させることがあります。

外的要因での舌の荒れはセルフケアができます。

自分の舌を噛んだ外傷や、暑い食べ物での口内火傷(やけど)の治し方は、特に対処する必要はありません。

口内の唾液で傷の治りは早くなるので数日で治ります。

出血が治まらない場合や、火傷がひどい時には口腔外科の診察を受けてください。

義歯や入れ歯の刺激で舌が荒れた場合は、歯科医院での治療になります。

アフタ性口内炎は、栄養状態の不良やストレス・寝不足などで発症します。

治し方は口内を清潔にして、うがい薬でうがいをしてから患部に軟膏を塗布します。

症状が改善しないときには口腔外科の受診をしてください。

舌の荒れが治まらないときには、近くの歯科や口腔外科での診察をおススメします。

 

舌の荒れの予防

 

舌の荒れが治らないときには、口腔外科や歯科での診察をおススメします。

舌を噛んだ外傷や、熱いものを食べたやけどなどの舌の荒れの治し方は特にありません。

口腔内を清潔に保っていれば数日で治ります。

舌の荒れなどの口腔内の病気にならないためには“口腔内を清潔に保つ”ことが大切です。

歯磨きだけでなく、舌ブラシやうがい薬をつかったうがいを定期的にしましょう。

また、3ヶ月に1回程度は歯医者で虫歯チェックや歯石除去をして、口腔内の健康に気を付けましょう。

日常生活では疲れ・睡眠不足・ストレスに注意しましょう。

免疫力の低下は舌の荒れの病気になります。


PAGE TOP