ジーンズ、ジーパン、デニムの違い

Sponsored Link

ジーンズとジーパンとデニムの違いが分かりますか?

なんとなく同じようなパンツだと思っていましたが、ジーンズ・ジーパン・デニムにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

次に、ジーンズとジーパンとデニムの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

ジーンズ

 

publicdomainq-0003842gog

 

ジーンズとジーパンとデニムの違いを分かるために、「ジーンズ」の概要を紹介します。

紺色の厚地素材の生地で作られているパンツのことを、デニム・ジーパン・ジーンズと呼んでいます。

・デニムと呼ぶ人の割合は32%

・ジーパンと呼ぶ人の割合は43%

・ジーンズと呼ぶ人の割合は24%のようです。

残りの1%の人はズボンなどと呼んでいるようです。

ジーンズは厚手素材の生地で作られたパンツのことを指します。

ジーンズの英語表記は「jeans」になります。

最近のジーンズは、基本的にはデニム生地や他の綿生地でできたカジュアルなパンツを指しているようです。

ジーンズは、年齢や性別を問わず幅広く親しまれているファッション衣料ですね。

デザイナーブランドの高級品も一般向けの廉価な商品も、ジーンズの作りはほぼ同じです。

生地・縫製・部材・デザインなどの細かい違いによって、多品種のジーンズがあります。

次に、ジーパンとデニムの違いを紹介します。

 

ジーパン

 

sxxojdpdfv8fom_1

 

ジーンズとジーパンとデニムの違いを分かるために「ジーパン」の概要を紹介します。

ジーンズとジーパンに違いはありません。

デニム生地のような厚手素材で作られたパンツをジーンズと呼びます。

ジーパンはジーンズの生地で作られたズボンになります。

ジーンズもジーパンもおなじものですが、ジーパンには英語表記はありません。

ジーパンはジーンズのパンツを略して作られた和製英語になります。

 

デニム

 

ジーンズとジーパンとデニムの違いを分かるために「デニム」の概要を紹介します。

デニムの英語表記は「denim」になります。

デニム(denim)は厚地綿織物の一種になります。

最近のデニムにはナイロン混紡製品も多いようです。

デニムの語源はフランスのニーム産の「サージ」の意味だとされています。

フランスのニームの綾織りという意味の「serge de Nimes」がデニムの語源だとされています。

普通のデニムは、経糸に紺色の糸を用いて緯糸に白糸を使って綾織に織られています。

デニムの表地は経糸が出るので紺色で、裏地は白がかった色の斜文になります。

デニムの特徴は、生地が強い・張りのある地風・耐久力があるなどです。

生地が強く耐久力に優れたデニムは、作業衣・子供服に使われていました。

現在のデニムは、一般的な紺色のデニムから多様化しています。

カラーデニム・縞デニム・プリントデニムなど、スポーティで若者向けの代表的な生地になっています。

デニムは、衣料用のほかにも家具の下張りや寝具のカバー類や室内装飾用にも使われています。


PAGE TOP