先般、先日、過日の違いとビジネスでの使い方、例文

Sponsored Link

ビジネスシーンで、「先般はどうもありがとうございました、おかげさまで助かりました」などの言葉を聞くことがあります。

先般・先日・果実などの言葉は、ビジネスシーンだけでなくテレビ・ラジオ・新聞・雑誌などで見聞きします。

「先般」・「先日」・「過日」などの言葉では、正確な意味を知らないで使うと恥ずかしい思いをするかもしれません。

「先般」・「先日」・「過日」の意味と使い方を知っていれば、安心してビジネスシーンで使えます。

 

次に、「先般」・「先日」・「過日」の違いや、「先般」・「先日」・「過日」使い方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

先般

 

Fotolia_203895304_Subscription_Monthly_M-1024x683

 

「先般」・「先日」・「過日」の違いや、「先般」・「先日」・「過日」使い方を知るために「先般」の概要を紹介します。

「先般」は、現在からそんなに期間が離れていない過去の物事について使われる言葉になります。

「先般」という言葉に正確な期間などはありません。

おおよそでは、「先般」が指す過去の物事は数日前から数週間前になります。

少し前の1~2ヶ月前の物事でも「先般」という場合もあります。

「先般はどうもありがとうございました」という言葉は“この間はどうもありがとうございました”という意味になります。

相手との関係によって数日前から2ヶ月程前の物事を指しますが、数年前の物事のことに対して「先般」ということはありません。

 

先日

 

Fotolia_207237023_Subscription_Monthly_M-1024x683

 

「先般」・「先日」・「過日」の違いや、「先般」・「先日」・「過日」使い方を知るために「先日」の概要を紹介します。

「先日」も「先般」と同じく“このあいだ”という意味になります。

ビジネスシーンでも“このあいだ”という意味で「先日」という使い方をします。

「先日はお世話になりました」は、“この間はお世話になりました”の意味として使われます。

ビジネスシーンで使う場合は、「先般」は改まった言葉で「先日」は少し砕けた言い方になります。

只、「先般」と「先日」を厳密に分けると、「先般」は出来事に重みを置くのに対して「先日」は日にちに重みを置くとされています。

ビジネスシーンでは「先般」という言葉をつかうか「先日」という言葉を使うかでニュアンスが変わることがあります。

「先般」と「先日」の使い分けを紹介します。

「先般」は物事に重みを置くことから、“先般の事案はお断りさせていただきます”などになります。

「先日」は日にちに重みを置くことから、“先日の会議はお疲れさまでした”などになります。

 

過日

 

「先般」・「先日」・「過日」の違いや、「先般」・「先日」・「過日」使い方を知るために「過日」の概要を紹介します。

「過日」も「先日」という意味になりますが、「過日」とは過ぎ去った日という意味なので「先日」よりも前の期間も含まれます。

「先日」では遠すぎる過去の場合は「過日」という言葉を使います。

一般的には「過日」は書き言葉で使われます。


PAGE TOP