百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の意味、由来、言葉の使い方、類義語

Sponsored Link

百花繚乱の読みは「ひゃっかりょうらん」になります。

百花繚乱という言葉には華やかな感じがありますが、どのような意味があるのでしょうか。

百花繚乱の正しい意味を把握しないで使ってしまうと、恥ずかしい思いをすることもあるので注意が必要です。

百花繚乱の意味には、いろいろな花が美しく咲き乱れている様子・優れた人や美女が一時期に多数現れることなどの意味があります。

「百花繚乱」の「百花」は、多くの花・たくさんの花・いろいろな種類の花などの意味があります。

いろいろな多くの種類の花が数多く華やかに咲いているということになります。

「百花繚乱」の「繚乱」には、花が咲き乱れる・入り乱れるなどの意味があります。

「百花」と「繚乱」の2つの言葉が合わさった四字熟語は、多くの種類の花が咲き乱れているなどの意味になります。

多くの種類の花が咲き乱れていることが転じて、優れた人や美女が一時期に多数現れる事の意味も含まれるようになったようです。

優れた人や美女には、違った才能や持ち味という意味も含まれています。

百花繚乱というのは、いろいろな才能や特技を持った人が一時期に大勢現れる意味にもなります。

 

次に、百花繚乱の由来・百花繚乱の例文・百花繚乱の類語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

百花繚乱の由来

 

0ee01

 

 

百花繚乱の四字熟語が生まれた時代はよくわかっていません。

「百花繚乱」の四字熟語に使われている漢字から考えると。

「百花」の「百」は種類や数が多い意味があります。

「百花」はいろんな種類の花や、数多くの花を意味しています。

「繚乱」がいろんな花が華やかに咲き乱れている様子から、「百花繚乱」の四字熟語が使われるようになったようです。

「百花繚乱」は、当初は多くの種類の花が咲き乱れている様子を表す言葉として使われていたと考えられています。

多くの種類の花が咲き乱れていることから転じて現在の意味に繋がっていったようです。

優秀な人物が数多く現れたり優れた業績が一時期にたくさん出るような百花繚乱の時代になれば、戦争のない豊かで平和な国がつくれそうです。

次に、百花繚乱の例文・百花繚乱の類語などの紹介をします。

 

百花繚乱の例文

 

Print

 

百花繚乱の由来の起源は不明です。

百花繚乱を本来の意味で使うと、「春の桜並木は百花繚乱を楽しめます」になります。

現代での使い方では百花繚乱を本来の意味で使うことは少ないですね。

本来のいろいろな種類の花が咲き乱れるという意味よりも、優れた人や美女が一時期に数多く現れることに対して使われることが多いようです。

百花繚乱の例文には、・「今回の婚活は百花繚乱ですね」・「今日のパーティーは百花繚乱です」・「本日の技術発表会の内容は百花繚乱ですね」などがあります。

次に、百花繚乱の類語の紹介をします。

 

百花繚乱の類語

 

百花繚乱の由来の起源はよくわかりません。

百花繚乱の例文には、今年のオリンピックは百花繚乱です、などがあります。

百花繚乱の類語には、

・「粒ぞろい」・「優劣つけがたい」・「いずれ劣らぬ」・「より取り見どり」などが考えられます。


PAGE TOP