子供のインフルエンザの初期症状、予防法。インフルエンザ脳症とは?

Sponsored Link

冬季になるとインフルエンザが流行します。

インフルエンザが流行すると、学校も学級閉鎖や休校になります。

仕事をしているとインフルエンザが気になりますね。

子供のインフルエンザの初期症状や、子供のインフルエンザへの対処の仕方を知っていると慌てなくても良いですね。

インフルエンザに感染すると、インフルエンザ脳症のリスクもあるようです。

インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」を病原とする気道感染症になります。

インフルエンザと、一般の風邪症候群とは分けて考える必要があります。

風邪と比べてインフルエンザは重くなりやすい疾患です。

インフルエンザは流行が周期的に現われてくる特徴があります。

インフルエンザは人類に残されている最大級の疫病だとされています。

「インフルエンザウイルス」には、「A」・「B」・「C」の3つの型があります。

流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。

毎年世界各地でインフルエンザの流行があります。

温帯地域より緯度の高い国々では、北半球では1~2月頃・南半球では7~8月頃が流行のピークになっているようです。

熱帯・亜熱帯地域では、雨季を中心としてインフルエンザが発生しています。

日本でのインフルエンザの発生は毎年11月下旬~12月上旬頃から始まります。

1~3月頃に患者数が増加して5月頃までに減少します。

 

次に、子供のインフルエンの初期症状・子供のインフルエンザへの対処・インフルエンザ脳症などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

子供のインフルエンザの初期症状 

 

publicdomainq-0013215mme

 

子供のインフルエンザの初期症状が分かれば慌てなくても良いですね。

子供がインフルエンザに感染したときの初期症状には、37~40度の発熱・全身の倦怠感・関節痛・頭痛・筋肉痛などがあります。

インフルエンザは空気感染・飛沫感染なので、保育園・幼稚園・小学校などで簡単に感染します。

感冒(かぜ)の場合の症状は、発熱が37~38度・くしゃみ、鼻づまり、咳、のどの痛みなどの局所的な症状です。

発熱が40度程度まであって関節痛・筋肉痛・頭痛・全身的な倦怠感がある時はインフルエンザの疑いがあります。

次に、子供のインフルエンザへの対処方法・インフルエンザ脳症などの紹介をします。

 

子供のインフルエンザの対処方法

 

mig

 

子供のインフルエンザの初期症状は、37~40度の発熱・全身の倦怠感・筋肉痛などです。


子供のインフルエンザへの対処方法は、重症になると危険なので早めに病院での治療をおススメします。

流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザは、感染力が強くて高熱がでるのが特徴です。

風邪(かぜ)と比べて症状が重く、急に38~40度の高熱が出ます。

頭痛・関節痛・筋肉痛といった全身の痛みも発症します。

肺炎・気管支炎などの合併症のリスクも高まります。

重篤化すると、熱性けいれん・脳炎・脳症などにもなるので、けいれんや意識障害を伴う前にスグに病院に連れていってください。

次に、インフルエンザ脳症のことを紹介します。

 

インフルエンザ脳症

 

子供のインフルエンザの初期症状は、高熱と全身の倦怠感・関節痛・頭痛などです。

子供のインフルエンザへの対処方法は、早めに病院での診察を受けることです。

インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症になる前に病院での治療を受けてください。

インフルエンザ脳炎は、脳内に直接ウイルスが浸潤して炎症を起こすことです。

インフルエンザ脳症は、脳内にウイルスが検出されないで、過剰な免疫反応が見られる場合

です。

インフルエンザ脳症は、インフルエンザに罹ったその日から1~2日くらいで発症します。

インフルエンザ脳症への有効な治療法はなく対症療法のみとされています。


PAGE TOP