結膜炎による目の痛み。症状を早く和らげるには?仕事にはいける?

Sponsored Link

結膜炎は目の病気です。

結膜炎の正式病名は「細菌性結膜炎」です。

結膜炎になると粘った黄色がかった目やにが多く出ます。

白目が充血して目の痛みを感じますね。

結膜炎の症状がでたら眼科での診察をおススメします。

ウィルス性結膜炎は伝染力が強いので仕事を休む必要があります。

結膜炎になる原因は、身の回りに存在している細菌です。

黄色ぶどう球菌や表皮ぶどう球菌などの細菌に感染して「細菌性結膜炎」を発症します。

結膜炎には、ウィルス性結膜炎・流行性角結膜炎・咽頭結膜炎・急性出血性結膜炎・アレルギー性結膜炎などがあります。

ウィルス性結膜炎以外でも、周りの人に感染することもあるので注意が必要です。

 

次に、結膜炎の目の痛み・結膜炎の症状・結膜炎なったときの仕事は?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

結膜炎での目の痛み

 

zyu-ketu-256x300

 

結膜炎(細菌性結膜炎)は、結膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。

白目(しろめ)とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜を「結膜」と呼びます。

結膜炎は、結膜が赤く充血して炎症を起す病気になります。

結膜炎になると、白目(しろめ)とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜が赤く充血して炎症を起こして目の痛みを感じます。

白目が充血して目の痛みを感じたら、眼科の診察をおススメします。

次に、結膜炎の症状・結膜炎なったときの仕事は?などの紹介をします。

 

結膜炎の症状

 

Keratoconjunctivitis_epidemica_2

 

結膜炎になると白目が充血して目の痛みを感じます。

結膜炎の代表的な症状は、目からねばねばした黄みがかった目やにが多く出ます。

黄みがかった目やに・白目の充血・目の痛みが結膜炎(細菌性結膜炎)の特徴です。

結膜炎の症状がでたら、早めに眼科に行って診察をうけてください。

悪化していなければ、眼科で処方される抗生物質の点眼薬を使えば数日で治まります。

眼科で処方された点眼薬は、医師の指示に従って使ってください。

自己判断で適当に点眼していては治療が長引きます。

次に、結膜炎になったときの仕事について考えます。

 

結膜炎での仕事

 

結膜炎になって目が充血して目の痛みを感じたら、眼科での診察をおススメします。

結膜炎の代表的な症状は、目やに・白目の充血・目の痛みです。

結膜炎になって、目やに・充血・目の痛みが治まらないときには仕事を休んで治療を続けてください。

ウィルス性結膜炎以外では他人に移ることはまれですが、体力の落ちている人や乳幼児には感染します。

ウィルス性結膜炎の場合は、職場の人に伝染しないように仕事は休むべきです。

ウィルス性結膜炎になったら、

・手を流水や石鹸で良く洗う

・タオルや洗面道具は他人と分ける

・手で目をこすらない

・医師の許可があるまでは、仕事・学校は休む

・人ごみに行くのは避けるなどがあります。


PAGE TOP