ライオンのたてがみは無くなることがある?生える時期と役割

Sponsored Link

ライオンの「たてがみ」は百獣の王の象徴ですね。

百獣の王のライオンの「たてがみ」がなくなることはあるのでしょうか。

ライオンの「たてがみ」が生える時期も気になります。

ライオンは、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されます。

ライオンは世界的に百獣の王として有名で、一般的には最も強い動物であると思われています。

オスの外見では「たてがみ」が非常に特徴的なので簡単に認識できます。

フサフサの黒い「たてがみ」がある百獣の王は子供に人気です。

ライオンの別名は獅子(シシ)です。

オスのライオンは、体重は250kgを超えることもあります。

ネコ科の哺乳類では、虎(トラ)に次いで大きい種類だとされています。

現在のライオンの主な生息地はサブサハラです。

絶滅が危惧されている種類には、インドのインドライオンがいます。

ライオンは、北アフリカや西南アジアにも分布していましたが有史時代に絶滅しています。

約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類でした。

アフリカ・西ヨーロッパ~インドにかけてのユーラシア・ユーコン~ペルーまでのアメリカに生息していたようです。

ライオンの生息地はサバンナや草原ですが、茂みや森などに棲む場合もあります。

メスと子ライオンと少数の成熟したオスが群れを形成しています。

狩りの特徴はメスの集団が連係することです。

ライオンは危急種で、最近の20年間で30~50%まで頭数が減っているようです。

 

次に、ライオンの「たてがみ」・ライオンの「たてがみ」がなくなる・ライオンの「たてがみ」が生える時期などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ライオンの「たてがみ」

 

070a0926723e00d38e35087473e6e505_t

 

ライオンの「たてがみ」はオスにしか生えていません。

オスの赤ちゃんには「たてがみ」は生えていません。

ダーウィンの学説には、ライオンの「たてがみ」は戦う時に首や頭を守るためとされています。

最近の研究では、ライオンの「たてがみ」は強さを表すシグナルだと考えられています。

ライオンの「たてがみ」を研究しているチームの調査から、長くて濃い「たてがみ」を有するオスの方が短くて薄い「たてがみ」のライオンよりも強くてたくましいことが分かっています。

黒くて長い「たてがみ」は強さを表すシグナルになります。

シグナルが明確であれば無駄な争いを避けることができます。

次に、ライオンの「たてがみ」なくなる地域・ライオンの「たてがみ」が生える時期などの紹介をします。

 

ライオンの「たてがみ」がなくなる

 

o0436029313672151118

 

ライオンの黒くて長い「たてがみ」は、強くて逞しさを表すシンボルです。

ライオンシンボルの黒くて長い「たてがみ」がなくなる生息地があります。

アフリカでも蒸し暑い地域のライオンは、長くてふさふさの「たてがみ」を持っていません。

蒸し暑い地域では黒くて長くてふさふさの「たてがみ」は暑くて邪魔だと考えられます。

また、藪が多い地域を生息地にしているライオンでは、長くてふさふさの「たてがみ」は木や枝に引っかかるので邪魔になります。

蒸し暑く藪が茂っている地域のライオンは、進化の過程で長いふさふさの「たてがみ」を捨てたと考えられています。

次に、ライオンの「たてがみ」が生える時期の紹介をします。

 

ライオンの「たてがみ」が生える時期

 

ライオンの「たてがみ」はオスに生えます。

メスやオスの赤ちゃんには生えていません。

ライオンの「たてがみ」は、蒸し暑くて藪が多い生息地では進化の過程でなくなることがあるようです。

ライオンのオスの黒くて長いふさふさの「たてがみ」が生える時期は、生後1歳頃からです。

生後1歳頃から少しずつ顔の周りの毛が伸びてきます。

2歳頃になると胸にも毛が生えて、頭の上にふさふさの毛が生えてきます。

ライオンのオスの黒くて長いふさふさの「たてがみ」が完成するのは4歳くらいです。


PAGE TOP