アンチの語源、対義語、言い換えは何?

Sponsored Link

アンチ○○はよく使われますが語源を知っていると自慢できそうです。

アンチの対義語にはどのような言葉があるのでしょうか。

アンチとは、「反対」・「対抗」・「違背」を表す接頭語になります。

野球などでは「アンチ巨人」などという言葉が流行ったこともあります。

最近では、インターネット用語として使われていて、特定の個人・団体・企業・製品などを嫌悪して「アンチ2ちゃんねる」などのように掲示板等で執拗に責めるケースもあるようです。

アンチ○○の度合いは、ファンの対極~信者の対極に当たる者まで「アンチ」として表現されているようです。

美容&健康分野ではアンチエイジングという言葉が知られています。

 

次に、アンチの語源・アンチの対義語・アンチエイジングの概要などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

アンチの語源

 

anti_01

 

アンチは、英語の接頭辞の「anti―」に由来しているカタカナ語になります。

インターネットやビジネスシーンでよく目にする「アンチ」は、英語の接頭辞の「anti―」を語源としています。

接頭辞の「anti―」は、大学受験での必須の知識なので覚えている人も多いのではないでしょうか。

英語の接頭辞の「anti―」の意味には、「反~」・「~の反対」・「~にあらがう」などがあります。

アンチエイジングは老化を防ぐ意味で、アンチウイルスソフトは、ウイルスを検出するソフトウェアになります。

次に、アンチの対義語やアンチエイジングのことを紹介します。

 

アンチの対義語

 

large

 

アンチの語源は、英語の接頭辞の「anti―」です。アンチ「anti―」の意味は反対や対抗になります。

反対の感情を意味する「antipaty」の対義語では「sympaty」が考えられます。

「sympaty」の意味は共感するや同調するになります。

接頭辞の「sym」の意味は「共に」なのでアンチの反対になります。

ある主張や人物に共感することや同調する人を指して「シンパ」と呼ぶことがあります。

「シンパ」には、陰で応援するという政治的な意味があります。

アンチは声高に反対を表明するのに対して陰で応援する「シンパ」になります。

 

アンチエイジング

 

アンチの語源は英語の「anti―」です。

アンチの対義語には「シンパ」があります。

アンチエイジング医学というのがあります。

アンチエイジング医学とは抗加齢医学のことです。

アンチエイジング医学(抗加齢医学)とは健康長寿を目指す医学になります。

加齢という生物学的プロセスに介入をして、加齢に伴う動脈硬化・ガン等の加齢関連疾患の発症確率を下げて健康長寿を目指します。

現在、アンチエイジング医学が注目されているのはエイジングのサイエンスが進んでいることです。

昔は、加齢は神秘のベールの中の避けられないものとされていました。

最近の医学研究で、細胞生物学的なプロセスのひとつとして可能性があることが分かってきたことが大きいとされています。

現在でも、加齢メカニズムにはさまざまな説がありますが、情報が整理されていく中で加齢に大きく関与する分子機構が解明されつつあります。


PAGE TOP