「謹賀新年」「迎春」「賀正」で上司に送って失礼にならない言葉は?

Sponsored Link

年賀状には、「迎春」・「賀正」・「謹賀新年」の言葉が添えられます。

年賀状に表記される定番ともいえる言葉は「賀詞(がし)」と呼ばれます。

「賀詞」とは、年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉になります。

「賀詞」には多様な種類があり意味もそれぞれ異なります。

「賀詞」は、年賀状を送る相手に合わせて選ぶ必要があります。

「賀詞」の使い方を誤ると恥ずかしい思いをします。

「迎春」・「賀正」・「謹賀新年」の正しい使い方を知っていれば安心して使うことができます。

「迎春」の使い方・「賀正」の使い方・「謹賀新年」の使い方を確認してみませんか。

 

次に、「謹賀新年」・「迎春」・「賀正」・謹賀新年の使い方・迎春の使い方・賀正の使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

謹賀新年の使い方

 

14

 

賀詞には、「謹賀新年」・「迎春」・「賀正」などがあります。

謹賀新年(きんがしんねん)の使い方の概要を紹介します。

「謹賀新年」の中には、「つつしむ」・「かしこまって」・「行動を控える」という意味があります。

「謹」という文字と、「祝う」・「喜ぶ」という意味の「賀」という文字が含まれています。

そのため、「謹賀新年」を書くと謹んで(つつしんで)新年をお祝いいたしますという意味

の丁寧な言葉になります。

「謹賀新年」は目上の人に対して使える言葉です。

賀詞の「恭賀新年」という言葉も同じように目上の人に対して使えます。

「恭賀新年」の意味は、うやうやしく新年をお祝いいたしますになります。

「恭賀新年」はとても丁寧な言葉です。 

次に、迎春の使い方・賀正の使い方の紹介をします。

 

迎春の使い方

 

geishun01

 

「謹賀新年」・「迎春」・「賀正」の使い方は大切です。

「謹賀新年」は新年をお祝いする丁寧な言葉です。

「謹賀新年」の使い方は目上の人の賀詞におススメです。

次に迎春の使い方概要を紹介します。

「寿」・「迎春」・「賀正」などの一文字や二文字の賀詞は簡略化した表現です。

一文字や二文字の賀詞は、目上の人への賀詞には丁寧さや敬意が欠けるとされています。

「迎春」は目上の人の賀詞には使用できません。

次に、賀正の使い方を紹介します。

 

賀正の使い方

 

「謹賀新年」・「迎春」・「賀正」などの賀詞の使い方を知って入れば安心して使えます。

「謹賀新年」の使い方は目上の人への賀詞におススメします。

「迎春」の使い方では目上の人に使わないように注意しましょう。

次に、「賀正」の使い方の概要を紹介します。

「賀正」も二文字の賀詞なので簡略化した表現になります。

簡略化した表現は、丁寧さや敬意が欠けるので目上の人への賀詞には不適になります。

「賀正」も目上の人の賀詞として使うのは避けてください。


PAGE TOP