イノベーション、発明、インベンションの違い、使い方

Sponsored Link

イノベーション(innovation)と発明(invention)は似た言葉ですが意味は違います。

イノベーション(innovation)と インベンション(invention)違いは、意味をキチンと理解することが大切です。

イノベーション(innovation)を、発明(invention)を指すと誤解されていることがあります。

イノベーション(innovation)は、技術の発明だけではなく新規なアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造することになります。

社会的に大きな変化をもたらす自発的な人や、組織や社会の幅広い変革の意味も含みます。

イノベーション(innovation)は、物事の新機軸・新しいとらえ方・新しい活用法・「新結合」や「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」などになります。

既存のモノや仕組みなどに対して、新規の技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことをイノベーション(innovation)といいます。

発明はインベンション(invention)です。

発明・インベンション(invention)は、従来はなかった新規な物や方法を考え出すことや、新規な技術自体を指します。

新規なものを作る行為自体を発明ということもあります。

既存の技術や観念から生まれる発明だけでなく、まったく独自の発想から考案される発明もあります。

新規の技術だけでなく、社会の風習や慣習の革新も一種の発明と考えられています。

発明・インベンション(invention)は、特許を取得することで法的に守られます。

 

次に、イノベーションと発明の違い・イノベーションとインベンションの違いなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

イノベーション(innovation)の定義

 

board-223322_960_720

 

イノベーション・発明の違い、イノベーション・インベンションの違いを分かるために、

イノベーション(innovation)の定義を紹介します。

イノベーション(innovation)の定義は、1911年にオーストリアの経済学者の「ヨーゼフ・シュンペーター」が定義しました。

イノベーション(innovation)は、経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合することと定義されています。

イノベーションのタイプは5つあるとされています。

・「プロダクション・イノベーション」・「プロセス・イノベーション」・「マーケット・イノベーション」・「サプライチェーン・イノベーション」・「オルガニゼーション・イノベーション」です。

・「プロダクション・イノベーション」は新しい品質の財貨

・「プロセス・イノベーション」は、新しい生産方法

・「マーケット・イノベーション」は、新しい販路

・「サプライチェーン・イノベーション」は、新しい供給源

・「オルガニゼーション・イノベーション」は、新しい組織

以上に関するイノベーションになります。

 

発明

 

o0611071013746425849

 

イノベーション・発明の違い、イノベーションとインベンションの違いを分かるために、発明・インベンション(invention)の概要を紹介します。

発明・インベンション(invention)の歴史は、「人と裁判と金の歴史」と言われています。

人間社会は、いろいろな道具や自然法則を発見して生活を豊かにしてきました。

社会環境を豊かにする、機械・器具・材料・素材などの発明品や工夫は、発明者に富をもたらしました。

近代では社会に有用な発明をした個人・法人には、内容を公開することと引き換えに発明の使用の独占的な権利が与えられます。

 

イノベーションと発明の違いのまとめ

 

イノベーション(innovation)と発明・インベンション(invention)

の違いをまとめます。

イノベーション(innovation)は、 革新・刷新・一新・ 新しく採り入れたもの・革新したものや、新機軸・新制度などになります。

インベンション(invention)は、発明・創案・発明の才・発明力・発明品・新案などになります。

イノベーション(innovation)は世の中に起こすもので、インベンション(invention)は自分でするものになるようです。


PAGE TOP