お世話様です、お世話になります、お世話になっておりますの使い分け

Sponsored Link

ビジネスシーンでは、お世話様です・ お世話になります・お世話になっておりますなどの言葉を使います。

「お世話」は感謝の気持ちを表す言葉です。

ビジネスシーンでの「お世話」は、

・面倒を見ていただきありがとうございます

・仕事の関係を取り持っていただきありがとうございますなどの意味で使います。

「お世話様です」や「お世話になっております」は、どちらも普段から付き合いのある人や現在取り引きしている相手に対して使う言葉になります。

お世話様です・ お世話になります・お世話になっております、の言葉を上手に使い分けられればビジネス現場で役立ちます。

お世話になっておりますの返事も知っていれば便利です。

お世話になっておりますは目上の相手に使ってもよいのでしょうか?

 

次に、お世話様です・お世話になります・お世話になっております・お世話になっておりますの返事・お世話になっておりますは目上の相手に使っても良い?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

お世話様です

 

1512445840

 

「お世話様です」は相手からの手助けなどへのお礼の気持ちや、労いの気持ちの言葉になります。

地域によっては挨拶がわりに「お世話様です」が使われることがあります。

特にお世話をしていなくても、地域など特定のグループ内で挨拶がわりに使われているようです。

挨拶がわりに使うグループでの「お世話様です」は、「軽い」挨拶や「簡単な」お礼といった認識になります。

気心の知れた知り合い同士・お店の人などに対して使います。

「お世話様です」には感謝の他に労いの意味が含まれています。

本来は「お世話様です」は目上から目下に対して使う言葉になります。

「お世話様です」を目上の人に使うのは失礼になるので注意してください。

「お世話様です」を、「お世話になっております」を簡略化した感覚で使うと、相手によっては機嫌を損ねるので注意が必要です。

次に、お世話になります・お世話になっております・お世話になっておりますの返事・お世話になっておりますは目上の相手に使っても良い?などを紹介します。

 

お世話になります

 

o0888061613835152209

 

ビジネスでは、お世話様です・お世話になります・お世話になっておりますを使います。

「お世話になります」は「~する」になり、「お世話になっております」は「~している」の違いがあります。

これからお世話になる場合は「(今後)お世話になります」になります。

すでに世話になっている場合は「(現在)お世話になっております」になります。

ビジネスシーンでの用法では、これから世話になる場合以外にも「お世話になります」が用いられるケースが少なくありません。

習慣や反復的な行為や出来事に対しても「~する」が使われています。

「お世話になります」の言葉も、「今後お世話になります」という意味と「いつもお世話になります」という意味で使われています。

「いつもお世話になります」は、「お世話になっております」とほぼ同じ意味だと考えられます。

次に、お世話になっておりますの返事・お世話になっておりますは目上に使っても良い?などの紹介をします。

 

お世話になっておりますの返事

 

お世話様ですを目上の人に使うのは失礼になるので注意してください。

お世話になりますは、お世話になっておりますの意味で使われることもあります。

お世話になっておりますの返事には、「こちらこそお世話になっております」などがあります。

お世話になっておりますは目上の相手に使っても大丈夫です。

目上の相手に「お世話様です」という人がいたら「お世話になっております」をおススメしてください。


PAGE TOP