コンプライアンスと法令遵守の意味、違いとビジネスシーンでの使い方

Sponsored Link

コンプライアンスと法令遵守の意味を知らなければ違いも分かりません。

コンプライアンスの遵守(法令遵守)間違いなのでしょうか?

 

次に、コンプライアンスの意味・法令遵守の意味・コンプライアンスと法令遵守の違い・コンプライアンスの遵守(法令遵守)などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

コンプライアンスの意味

 

image

 

ビジネス社会でコンプライアンスと言った場合は、企業コンプライアンスのことになります。

企業コンプライアンスを英語表記すると「regulatory compliance」になります。

企業コンプライアンスは、ビジネスコンプライアンスとも呼ばれるコーポレートガバナンスの基本原理の一つです。

企業コンプライアンスは、企業が法律や内規などのごく基本ルールに従って活動することです。

企業コンプライアンス(ビジネスコンプライアンス)の対象の規範には、法規範・社内規範・倫理規範があります。

法規範は、法律や条令やその他政府の規則などです。

社内規範は、社内ルールや業務マニュアルなどになります。

倫理規範は、企業倫理や社会的規範などになります。

企業は単に法律や条例を守れば良いだけではありません。

法律や条例に加えて、社会規範全般・社内規則・業務マニュアルなども含めた規則を遵守していることが必要です。

次に、法令遵守の意味・コンプライアンスと法令遵守の違い・コンプライアンスの遵守(法令遵守)などを紹介をします。

 

コンプライアンスと法令遵守の違い

 

cal2018_01

 

法令遵守とは法令に違反しないことです。

コンプライアンス=法令遵守ではありません。

ビジネス社会でコンプライアンスと言う場合は企業コンプライアンス(ビジネスコンプライアンス)を指します。

企業コンプライアンスには、法令遵守だけが含まれるのではありません。

法規範に加えて社内規範や倫理規範の遵守も含まれています。

企業コンプライアンスを法令遵守と考えれば、法令に違反していないからOKと勘違いします。

社会の感覚からズレているのに、法令に違反してなければ良いとする錯覚は企業収益を悪化させます。

企業コンプライアンスの対象の規範は、法規範・社内規範・倫理規範です。

次に、コンプライアンスの遵守(法令遵守)の紹介をします。

 

コンプライアンスの遵守の間違い

 

コンプライアンス(企業コンプライアンス)は法令遵守だけとするのは間違いです。

企業コンプライアンスの遵守が法令遵守だけと考えると間違いになります。

企業コンプライアンスには、法令遵守に加えて社内規範や倫理規範の遵守も含まれています。

企業が法律に違反していなくても、法の抜け道を悪用すれば法令違反を犯したのと変わらない社会的罰を受けることが十分に予想できます。

法律とは無関係ない社内規則に違反しても企業収益に悪影響を与えることになります。

コンプライアンスを重視した経営をしなければ、株主代表訴訟などで損害賠償を求められる可能性も発生する可能性があります。

企業コンプライアンスは法令遵守だけではなく、社内規範や倫理規範の遵守も含まれます。


PAGE TOP