「申し訳ありません」「申し訳ございません」の違いと正しい使い方

Sponsored Link

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」には違いを知っていますか?

ビジネスシーンでは、「申し訳ありません」と「申し訳ございません」はよく使われる謝罪の敬語です。

謝罪するときにお世話になる、「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の敬語には、どのような違いがあるのでしょうか?

ビジネスで使う敬語の中でも、特に使う機会が多い謝罪の言葉ですね。

仕事のミスや仕事の期限が遅れそうな時などに、「申し訳ありません」や「申し訳ございません」などの謝罪の言葉を使った経験がある人も多いのではないでしょうか。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」を正しく使い分けるには使い方を理解することが大切ですね。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いや使い分けや例文などを知っていれば安心して活用できます。

 

次に、「申し訳ありません」「申し訳ございません」の違いと正しい使い方の紹介をします。

 

スポンサーリンク

申し訳ありません

 

illust3460

 

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いを知るために、「申し訳ありません」の概要を紹介します。

ビジネスシーンなどで丁寧に謝罪をしたい時に使う言葉としては、「申し訳ありません」も「申し訳ございません」も同じ意味になります。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の意味自体には違いはありません。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の2つの敬語の違いは丁寧さです。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」では、丁寧さの度合いが異なるとされています。

「申し訳ありません」は、丁寧の助動詞が使われています。

敬語としてある程度の敬意を払っている言葉が「申し訳ありません」になります。

「申し訳ありません」を使うケースは、会社の上司などに口頭で謝罪する場合・電話での受け答えの際などで使う方が多いようです。

「申し訳ありません」は、「申し訳ございません」に比べるとスマートな敬語になります。

 

申し訳ございません

 

yjimage4DLI2WNJ

 

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いを知るために「申し訳ございません」の概要を紹介します。

「申し訳ございません」は、「申し訳ありません」の「あり」を丁寧語に変えた言葉だとされています。

そのため、丁寧の助動詞も使われている「申し訳ありません」よりも「申し訳ございません」の方が、敬語として丁寧さの度合いが高いと考えられます。

丁寧な謝罪の敬語の「申し訳ございません」は、取引先の相手やお客様など、丁寧に接する必要がある相手に使います。

接客に関係するビジネスシーンでは、「申し訳ございません」という敬語を使っている人が多いようです。

社内でも、上司などに急なお願いや大切な相談などをしたい時は、「申し訳ございません」を使う方が良いケースもあります。

 

謝罪の言葉の違いのまとめ

 

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の違いをまとめます。

「申し訳ありません」の文例には、

・お忙しいところ申し訳ありません

・お役に立てないで申し訳ありません

・度重なる失礼をおかけして申し訳ありませんでした

・遅れてしまって申し訳ありませんなどがあります。

「申し訳ございません」の文例には、

・申し訳ございませんがご協力お願いします

・お返事が遅れて誠に申し訳ございません

・ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでしたなどがあります。


PAGE TOP