ケータリング、デリバリー、出前、宅配の違いと使い分け方

Sponsored Link

ケータリング・デリバリー・出前・宅配など呼ばれる、便利な料理・食品のお届けサービスがあります。

ケータリング・デリバリー・出前・宅配の違いを子供に聞かれたらキチンと答えられるでしょうか。

ケータリングとは、顧客の指定する元に出向いて食事を配膳して提供するサービスになります。

ケータリングサービスには専門業者もありますが、ホテル付帯のレストランなどでも行われているようです。

ケータリングと似たシステムに「仕出し」があります。

ケータリングと「仕出し」は、自店舗以外の場所で食事を提供する部分では共通するシステムです。

しかし、「仕出し」は自店舗で食事を調理して容器や食器に盛り付けたものだけを提供するサービスです。

「仕出し」は、「弁当」や「出前」に近いサービスになります。

 

次に、ケータリング・デリバリー・出前・宅配の違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

ケータリング

 

received_702752856500337

 

ケータリングとデリバリー・出前・宅配の違いを明確にする為に、ケータリングの概要を紹介します。

ケータリングはスタッフも含めてお客のいる場所に出向いて、その場で盛り付けや調理をするサービスです。

お客のいる場所で調理や盛り付けをするレストランに近いサービスになります。

レストランと違うところは、レストランの場合はお店に来たお客に調理や盛り付けなどのサービスを提供します。

それに対して、ケータリングはお客のいる場所に出向いて調理や盛り付けなどのサービスを提供します。

次に、ケータリングとデリバリーの違いを明確にする為にデリバリーの概要を紹介します。

 

デリバリー

 

57db86de517f5878684431855b410328_t

 

ケータリングのシステムとデリバリーのシステムの違いを分かるには、デリバリーの概要を知ることが大切です。

デリバリー(delivery)は宅配のことです。

デリバリーのサービスは、日本では主に食事の配達・出前のことを指します。

「Delivery」という言葉には「配達」や「配信」の意味の他にも、「出産」や「話し方」などの意味もあります。

日本でデリバリーと言った場合は、主に食事を自宅や会社まで配達してくれるサービス・業者・宅配される食品を指しています。

日本では多くの業者が多くの種類のデリバリーサービスをしています。

デリバリーで人気の食品にはピザがありますが、寿司・お好み焼き・弁当・イタリア料理・中華料理・うどんなど多くの種類のデリバリーサービスがあります。

最近では、スーパーマーケットがネットスーパーで、総菜や弁当のデリバリーサービスをしています。

 

ケータリングとデリバリーの違い

 

ケータリングとデリバリーの違いをまとめます。

ケータリングはお客がいる場所に出向いて、調理や盛り付けをするサービスになります。

デリバリーはピザ・寿司・イタリア料理・中華料理などを調理、盛り付けした食品をお客に届けるサービスになります。

ピザのデリバリーサービスが注目される前から、日本には「うどん」・「ラーメン」・「そば」・「丼物」等の食堂型店舗による配達の「出前」がありました。

一般的には、デリバリーは店内に飲食スペースの無い配達専門のチェーン店が行っています。

出前は、飲食店が行っている食品を客のいる場所に届けるサービスになります。

デリバリーと出前の区分は曖昧ですね。

客が自ら飲食店や弁当店に出向いて商品を持ち帰ることはテイクアウトと呼ばれています。


PAGE TOP