スマホが熱くて充電が減る原因。熱いスマホを冷やす方法

Sponsored Link

スマホが熱いと感じたことはありませんか。

スマホが熱いと充電減るなどのデメリットがあるとされています。

スマホが熱い時に、氷や保冷剤で冷やしている人がいますが正しいのでしょうか?

スマホの正式名称はスマートフォンです。

スマートフォンとは先進的な携帯機器用OSを供えた携帯電話になります。

スマホとは、2000年代後半頃まで普及していたフィーチャー・フォン(高機能携帯電話)よりもスマートでPCに近い機能を持った携帯電話になります。

スマホの特徴は、インターネットを自由に使える・アプリを自由にダウンロードできる・WIFI機能を使える・高速通信機能(LTE)・AIの音声認識機能などがあります。

スマホで使われているOSの大部分は、アップル社の「iOS」とグーグル社の「Anndroid」です。

一般的にはスマホの画面が大きいタイプは「タブレット」と呼ばれています。

 

次に、スマホが熱い理由・スマホが熱いデメリット(充電減る等)・スマホが熱い時の冷やし方(保冷剤等)の紹介をします。

 

スポンサーリンク

スマホが熱い理由

 

p7571503

 

スマホを使用していると、使い捨てカイロのように熱いことがあります。

スマホは精密機械です。

熱いままだとバッテリーの劣化や故障の原因になると考えられます。

スマホが熱くなる理由を紹介します。

・「ながら充電」はスマホが熱くなる原因になります。

「ながら充電」とは、スマホを充電しながら通話やインターネット通信をすることです。

・バッテリーが劣化すると放電と充電を煩雑に繰り返すことになります。

バッテリーの放電と充電を繰り返すと、バッテリーへの負荷が増えてバッテリーが発熱します。

・アプリケーションの負荷が高い場合はCPUが発熱します。

プログラム容量が大きいアプリケーションをいくつも動作させるとCPUの負荷が高まります。

・スマホを長時間使用していると内部の熱を放出しきれないでスマホが熱くなります。

・直射日光が当たる場所や車内など、スマホ本体が高温になる環境におかれていると放熱できなくなります。

バッテリーへの過剰な負荷は充電減る原因にもなります。

次に、スマホが熱いデメリットやスマホが熱い時の冷却方法(保冷剤等)の紹介をします。

 

スマホが熱いデメリット

 

3

 

スマホが熱いとデメリットがあるので注意してください。

「ながら充電」はバッテリーの負荷が高くなります。

バッテリーの負荷が高くなると発熱しやすくなります。

スマホが熱い原因がバッテリーの負荷であればバッテリーが劣化します。

バッテリーが劣化すれば充電減る原因になります。

多くのアプリケーションを同時に動作させてCPUに負荷を与えるのも注意が必要です。

CPUの負荷が多いときはバッテリーへの負荷も多くなります。

スマホのバッテリーを長く使うには負荷を極力抑えることが大切です。

次に、スマホの熱い状態を冷やす方法(保冷剤等)を紹介します。

 

スマホが熱いので冷やす

 

スマホが熱い原因には、CPUとバッテリーの負荷があります。

スマホが熱い時にはCPUの負荷を減らすためにもスマホを休ませてください。

バッテリーへの負荷を与え続けると充電減る原因になります。

スマホが熱いときの対策を紹介します。

スマホが熱くなったら、・負荷の原因のアプリケーションや動画をOFFにする

・スマホケースを取り外す

・充電を中止する

・スマホの電源をOFFにするなどがあります。

発熱しているスマホを冷やすのに、氷や保冷剤を使うのはやめてください。

急激な冷却は本体の結露の原因になります。

結露はスマホの故障の原因になります。


PAGE TOP