父の日に贈るバラの由来と花言葉の意味。何色が良い?他の花でも?

Sponsored Link

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日になります。

アメリカのドット夫人が、父親に感謝するために白いバラを送ったのが始まりだとされています。

日本での父の日の花の種類は黄色いバラです。

父の日のバラの花はどうして黄色なのでしょうか。

父の日には青いバラも素敵だと思いませんか。

父の日は「6月の第3日曜日」になります。

6月の第3日曜日の父の日は、1909年にアメリカのソノラ・スマート・ドッドが、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われました。

当時はすでに母の日が祝われていましたので、彼女は父の日もあるべきだと考えて「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願したことが始まりです。

1916年にアメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが、スポケーンで父の日の演説を行ったことで父の日が認知されるようになりました。

1966年にアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが、父の日を称賛する大統領告示を発して6月の第3日曜日を父の日に定めました。

アメリカで正式に国の記念日に制定されたのは1972年です。

 

次に、父の日の花の種類・父の日のバラの花の色・父の日の青いバラなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

父の日の花の種類

 

gatag-00005617

 

父の日の花の種類での定番はバラの花になります。

父の日で贈るバラの花の色は黄色なのだそうです。

父の日のイメージカラーが黄色なので黄色のバラの花になったようです。

父の日のイメージカラーの黄色から考えると「ひまわり」があります。

父の日の花の種類では「ひまわり」も人気があります。

「ひまわり」のイメージは、爽やかで元気なので、父の日の花にはピッタリではないでしょうか。

父の日に贈る花の種類ではバラが定番ですが、「ひまわり」・「ガーベラ」・「ゆり」などをおススメします。

花だけでなく、観葉植物や盆栽も父の日のプレゼントとしておススメです。

次に、父の日の花の色や父の日の青いバラについて紹介します。

 

父の日の花の色

 

pop103fathers_day

 

父の日の花の種類の定番はバラですが、「ひまわり」・「ガーベラ」・「ゆり」もおススメします。

父の日のバラの花の色は、父の日のイメージカラーの黄色をおススメします。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラなのが気になっていた人も多いのではないでしょうか。

父の日のバラの花の色の白が印象的なのは、ソノラ・スマート・ドッドが父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされています。

1910年の最初の祝典の際にYMCAの青年が、父を讃えるために父が健在の者は赤いバラを身に着けて、父が亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられています。

次に、父の日の青いバラについて紹介します。

 

父の日の青いバラ

 

父の日の花の種類には、バラ・ひまわり・ガーベラ・ゆりなどがあります。

父の日のイメージカラーが黄色なのでバラの花の色は黄色になります。

父の日は黄色いバラの花を贈るのが定番になっていますが、父の日に青いバラも良いのではないでしょうか。

青いバラの花言葉は「不可能」です。

バラの花は青の色素を持たないので、古くから青のバラの品種を生み出すことは世界中のバラ愛好家の夢だったようです。

2004年にサントリーが世界初の青いバラの開発に成功しています。

青いバラの花言葉は当初の「不可能」だけでなく、「夢かなう」・「神の祝福」・「奇跡」なども加わっています。

父の日に、「夢かなう」・「神の祝福」・「奇跡」の花言葉がある青いバラを贈りませんか。


PAGE TOP