接待をする側に手土産は必要?接待受ける側の手土産は?選び方のポイント、マナー

Sponsored Link

ビジネスシーンでは接待マナーも必要になります。

取引先をもてなす飲食店選びや手土産の内容など、気を付けなければいけないことがあります。

接待は提供する側も受ける側も失礼のないようにしなければいけません。

接待での手土産の渡し方やマナーもビジネスシーンでは必要になります。

ビジネスマナーの一つとして「接待」の概要を知っておくと役立ちます。

「接待」の本来の意味は客をもてなすことです。

本来の「接待」とは布施の一種で、道のわきに湯や茶を用意して行きかう人にふるまったことだったようです。

現在の日本の企業での接待は、取引先などを飲食店などでもてなすことになっています。

経営や業務遂行の為に、接待という手段を用いている民間企業はたくさんあります。

民間企業の一般的な接待は、業務時間外を使った飲食店での接待・ゴルフ場を使った接待が良く知られています。

特殊なケースでは性的サービスを用いた接待などもあるようです。

接待にかかる費用は「接待費」として処理します。

接待には業務の打ち合わせに伴う軽微なものもあります。

取引先の来客などにお茶や茶菓子を出す程度の接待であれば「会議費」として処理されます。

税務上は「接待費」と「会議費」は区別されています。

 

次に、接待を提供する側と受ける側・手土産や接待の内容・受ける側の手土産について紹介します。

 

スポンサーリンク

接待を提供する側と受ける側

 

thumb_5fe0b931af342dbdae9798b66312ed

 

接待は提供する側と受ける側の関係では違法になる場合があるので注意が必要です。

接待だけでなく手土産などについても同じです。

接待は、受ける側が国家公務員や地方公務員の場合は違法になります。

民間企業と国家公務員・地方公務員の接待だけでなく公務員同士の接待も違法になります。

接待が違法にならないのは民間人同士の場合です。

民間人の場合は、所属している個々の企業の就業規則や服務規程や倫理規定に違反しないように気を付ける必要があります。

企業内の規定に違反しない接待であっても、経済効果を考えなければいけません。

接待の調査研究では、接待の内容と経済効果は明確にはなっていません。

接待に絡んで企業や組織に損害を与えないように慎重になることが大切です。

接待によって企業に損害を与えることになれば背任罪に問われることも発生します。

 

手土産と接待の内容

 

053671b19bfe7a2d7075ae5be5ccdca7

 

多くの国では政府関係者や公務員が接待を受けることは汚職として禁止になっています。

一般企業でも接待の内容や手土産が、商慣習や社会常識の範囲を超えないように決められています。

接待での手土産は、相手との心の距離を縮める働きがあります。

ビジネスシーンで役立つ上手な手土産選びを知っていれば慌てなくてもすみますね。

 

接待の手土産

 

接待の手土産では、接待を受ける側の趣向を考慮して手土産を選ぶことが大切です。

「土産」という言葉には「その土地の」という意味合いが含まれます。

手土産を選ぶときには、自社がある地域の物・地元の名産等・自身にゆかりのある物から選ぶと良いのではないでしょうか。

手土産に「地元のもの」を優先的に選べば喜ばれます。

接待相手の趣向を知っている場合は、趣向を踏まえて手土産を選ぶのが適切です。


PAGE TOP