承知しましたの意味と使い方。取引先、目上の人に使って良い?

Sponsored Link

「承知しました」は、会社の上司や取引先に使うことが多い言葉です。

ビジネスシーンで役立つ「承知しました」を使った例文を知っていれば慌てなくてすみます。

正しい「承知しました」の意味と使い方を知ることは大切です。

 

次に、「承知しました」の意味と使い方・「承知しました」を取引先や目上の人に使ってよいのか・「承知しました」は敬語になる?・「承知しました」の例文などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

「承知しました」の意味と使い方

 

shouchi

 

「承知しました」という言葉は、相手の言葉を正しく理解しましたという意味になります。

相手が伝えたい事情を知ったという意味でも「承知しました」という言葉を使います。

「承知しました」という言葉は、敬語の中でも尊敬語に分類されています。

敬語とは、 書き手・話し手などの相手との社会的関係と態度を表す言語表現になります。

敬語表現を含む日本語の会話では、常に相手と自分の相対的な社会的立場を意識する必要があります。

相手との会話の中で敬語表現を誤ると、聞き手が自分の地位を認めない無礼な人間だと思ってしまう可能性があります。

尊敬語は敬語の一種で、目上の人に対して使う言葉です。

尊敬語は、相手を敬う意味のある言葉になります。

尊敬語は尊敬の意を表しているので、会社の上司や取引先の相手に対して相手を立てるときに使うことが多いようです。

「承知しました」は、会社の上司や取引先に使うことが多いので、「承知しました」を使った例文を知っているとビジネス分野で有利になります。

 

「承知しました」は敬語になる?

 

mig

 

「承知しました」は敬語です。

敬語の中でも尊敬語に分類されています。

尊敬語に分類されている「承知しました」は会社の上司や取引先で使うことが多い言葉です。

ビジネス分野で役立つ「承知しました」の例文を覚えませんか。

「承知しました」を使う相手は、自分よりも上の立場の人・敬意を払わなければならない相手になります。

「承知しました」と同じ意味の敬語に「かしこまりました」があります。

「かしこまりました」は「承知しました」よりもさらに丁寧な意味で使われます。

一般的なビジネスシーンでは「かしこまりました」では丁寧過ぎる場合もあるので「承知しました」が適切です。

「承知しました」は、ビジネスシーンではオールマイティーに使うことができるので便利です。

 

「承知しました」の例文

 

「承知しました」は会社の上司や取引先で使うことが多い尊敬語です。

次に、「承知しました」を使った例文を紹介します。

・相手からの頼まれごとに対する返事の言葉として、

「承知しました、必要書類は明日までに準備いたします」のように使います。

・相手が言った内容を理解した時には、

「承知しました、ご指示の内容で書類をまとめます」のように使います。


PAGE TOP