かしこまりました、承知いたしましたはどちらが丁寧?

Sponsored Link

「かしこまりました」や「承知いたしました」は、会社の上司や取引先に使う言葉です。 

「かしこまりました」は「承知しました」と同じような意味を表す敬語です。

同じ意味の言葉ですが、「承知しました」よりも「かしこまりました」が丁寧な敬語になります。

「承知しました」の言葉の意味は、相手の言葉をシッカリ理解しましたということです。

「承知しました」は相手の事情を知ったという意味でも使います。

「かしこまりました」や「承知しました」という言葉はビジネスシーでもよく使われている敬語です。

ビジネスシーンでは敬語の使い方が大切になります。

敬語とは、 書き手・話し手と相手との社会的関係と態度を表す言語表現です。

日本語の会話では敬語表現が多くなります。

ビジネスシーンでは、常に相手と自分の相対的な社会的立場を意識して会話することが大切です。

相手との会話の中で敬語表現を間違ってしまうと、地位や立場を認めない無礼な人間だと思われてしまう可能性があります。

「かしこまりました」や「承知しました」などの敬語は、会社の上司や取引先に使うことが多いので例文を知っているとビジネスシーンでも有利になります。

 

次に、「かしこまりました」や「承知いたしました」の意味や使い方・「かしこまりました」の漢字表記などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

かしこまりました

 

6131caoa

 

「かしこまりました」は「承知いたしました」よりも丁寧な敬語になります。

「かしこまりました」には、分かりました・理解しましたなどの意味があります。

「かしこまりました」は、相手が伝えたい内容を正しく理解しましたという意味のある大切な言葉です。

「かしこまりました」が会話の締めとなるケースも多くあります。

ビジネスシーン以外でも、目上の人へ向けての受け止めの言葉として一般的に使います。

「かしこまりました」には、相手が言うことに対して「かしこまって、承る」という意味があるので、相手が「かしこまる必要がある人」にしか使いません。

部下や同僚などへは「かしこまりました」という言葉は使いません。

部下や同僚の場合は、分かりました・理解しましたという言葉になります。

「かしこまりました」は、電子メール・手紙・口頭で使うことができます。

電子メールや手紙では、相手への返事のポイントにもなります。

上司や取引先に対して使われる言葉の「かしこまりました」はビジネスシーンでも多く使います。

次に、「承知しました」の意味や使い方と「かしこまりました」の漢字表記などの紹介をします。

 

「承知しました」

 

a82857-0

 

「かしこまりました」と「承知いたしました」は同じ意味になります。

「承知しました」よりも「かしこまりました」が丁寧な言葉です。

「承知しました」と「かしこまりました」では、相手に与える印象が変わってきます。

接客業やサービス業では、「承知しました」という言葉はやや事務的な堅い印象を与えるので使われません。

「承知しました」という言葉には、「理解した」事実を強く伝える印象があります。

一般的なビジネスシーンでは丁寧過ぎる「かしこまりました」よりも「承知しました」の方が多く使われています。

接客業やサービス業では、相手にやわらかい印象を与える「かしこまりました」が使われているようです。

 

「かしこまりました」の漢字表記

 

「かしこまりました」は「承知いたしました」よりも丁寧な敬語になります。

一般的なビジネスシーンでは「理解した」事実を強く伝えられる「承知しました」という言葉が使われています。

接客業やサービス業では、客に柔らかい印象をあたえる「かしこまりました」が使われているようです。

「かしこまりました」の漢字表記を知っていますか。

「かしこまりました」の漢字表記は「畏まりました」になります。

一般的に使われる感じでないので読めない人も多いようです。


PAGE TOP