ドライビンググローブを使う必要性と効果

Sponsored Link

ドライビンググローブの効果にはどのようなものか知りたくありませんか。

グローブ(glove)とは、手袋を表す英語になります。

グローブ(glove)にはいろいろな種類があります。

野球で使うグローブ・ボクシングで使うグローブ・総合格闘技で使うグローブ・サッカーで使うグローブ・自転車で使うグローブ・ドライバーが使うグローブなどです。

野球で使う用具には、野手が守備で捕球に使うグラブと、捕手や一塁手が用いるミットがあります。

格闘技のボクシングで使うグローブはボクシンググローブと呼ばれます。

総合格闘技で使うグローブはオープンフィンガーグローブと呼ばれます。

サーッカーのキーパーが使う用具に、ゴールキーパーグローブがあります。

自転車に乗車するときのグローブは落車した時の保護具になります。

ドライバーが乗車するときの用具がドライビンググローブになります。

 

次に、ドライビンググローブのこと・ドライビンググローブの効果・ドライビンググローブの種類などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ドライビンググローブ

 

18394_1

 

ドライビンググローブの効果が気になりませんか。

ドライビングとは「運転」のことです。

「運転」の中には四輪自動車や二輪自動車を操ることも入ります。

四輪自動車の運転はドライビングと言われます。

二輪自動車の場合はライディングと言われることもあります。

四輪自動車を運転するときの手袋はドライビンググローブと呼ばれますが、二輪自動車を運転するときの手袋はライディンググローブと呼ばれます。

ライディンググローブは手の保護具の役割もあるので指先まで覆うタイプが一般的です。

ドライビンググローブは、四輪自動車の運転しやすさに特化した手袋なので多くが指ぬきタイプの手袋になります。

ドライビンググローブには、ハンドル操作をサポートする役割があります。

革製のドライビングロープは、手にフィットして手汗を適度に吸収する特性があります。

ハンドルのベタつきや手汗での滑りを軽減するのでハンドルの操作性がアップします。

ハンドルをシッカリ握れることで、ハンドルさばきが軽快になりとっさの危機回避が出来るようになります。

 

ドライビンググローブの効果

 

91TVbW+MpGL__SL1500_

 

ドライビンググローブにあるのは、ハンドル操作性がアップする効果だけではありません。

運転しやすさを工夫してつくられたドライビンググローブには、疲れにくくする効果もあります。

ハンドルのフィット感をアップさせながら、ハンドルやレバー操作に余計な力を使わなくても良いように握りやすくつくられています。

緊張感をキープしなければいけない、長時間のドライビングでは手足に疲労が蓄積します。

手の疲れをドライビンググローブで軽減できれば、事故などのリスクを回避できます。

 

ドライビンググローブのおススメ

 

ドライビンググローブの効果には、ハンドル操作性のアップ・レバー操作のアップ・ドライビング疲れの軽減などがあります。

日本国内の手袋生産のシェア90%以上を占めているのは香川県だそうです。

香川県で作られているドライビンググローブが人気です。

デザインから裁断、縫製、仕上げまでのすべての製作工程が手作業のグローブブランドもあります。

スナップボタンの加工も、グローブ全体の統一感を考えて作られているようです。

おススメの素材はニュージーランド産のディアスキン(鹿革)です。

ニュージーランド産のディアスキン(鹿革)を、国内で独自の舐めし加工をしてあります。

革本来の柔軟性・通気性・肌触り・水・油などのハジキ・汚れにくい・耐久性をもつなど、新機能性を供えた天然皮革のドライビンググローブのようです。


PAGE TOP