ビニール素材が変色する原因と黄ばみの落とし方

Sponsored Link

ビニールの黄ばみを取る方法を探している人も多いようです。

ビニールが変色する原因には、経年劣化による黄変・タバコのヤニなどの付着・日焼けによる黄ばみなどがあります。

 

次に、ビニールの黄ばみを取る方法やビニールの変色原因などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ビニールの黄ばみ

 

3-77

 

ビニールの黄ばみを取る方法では、ビニールの変色の原因を調べる必要があります。

ビニールバックやビニールで作った製品が経年劣化による黄変の場合は、元のような色に戻す方法は基本的にありません。

対処療法はできますが経年劣化による黄変は基本的に無理です。

ビニールの日焼けによる黄ばみや、ビニールクロスに付いたタバコのヤニなどによる黄ばみは取れます。

日焼けによる黄ばみは漂白剤を使って落とせます。

ビニール製品が入る容器に漂白剤を入れた水に浸けこみます。

ビニール製品を漂白剤を入れた水に浸けこんだら日光に当たるようにします。

ビニール製品の全体的な黄ばみは、1日おきに製品の位置を変えて全体に日光を当てます。

漬け込み漂白期間は1週間程度です。

次に、ビニールクロスについたタバコのヤニを取る方法を紹介します。

 

ビニールクロスの黄ばみを取る方法

 

ss-yani01

 

ビニールクロスのヤニの黄ばみを取る方法を紹介します。

ビニールクロスは、水や洗剤を使うことができます。

ビニールクロスについたヤニ取りの方法も簡単になります。

うっすらと黄ばんでしまったビニールクロスであれば、市販の洗剤を使ってキレイにできます。

ビニールクロス専用の洗剤もありますが、マジックリンなどでも黄ばみは落とせます。

黄ばみがひどい場合は、高濃度の過酸化水素水を使ってみてください。

市販の白木用の漂白剤は高濃度の過酸化水素水が主成分です。

過酸化水素水を主成分とした漂白剤は安価なので、低コストでシッカリとヤニを落とせます。

キッチンハイターを水で薄めたもので試してみませんか。

洗浄水の作り方は、キッチンハイター1に対して水5になります。

作った洗浄水をスプレーボトルに入れて、直接ビニールクロスに吹きかけます。

ヤニが浮いたらスグに濡れた布で拭き取ります。

最初のふき取りは濡れた布で、仕上げのふき取りは乾いた布にします。

次に、ビニールの変色の原因を紹介します。

 

ビニールの変色の原因

 

ビニールクロスについたヤニの黄ばみを取る方法は家庭用洗剤を使えば簡単です。

ビニールの変色の原因はいくつかあります。

ビニールの黄ばみの原因には「光」によるものがあります。

「光」を原因として経年劣化して黄色や茶色に変色します。

耐光性ビニール製品でも長い年月によって変色します。

ビニール製品の多くは塩化ビニール製品です。

塩化ビニールは経年劣化で徐々に変色します。

ビニール製品の経年劣化による変色を落とすことは基本的にできません。


PAGE TOP